@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

景物【ケイブツ】

デジタル大辞泉

けい‐ぶつ【景物】
四季折々の趣のある事物。自然の風物。連歌俳諧では、特に、花・ほととぎす・月・雪などをいう。「初夏景物
その場に興を添えるもの。珍しい芸や衣装・料理など。
「音もせで走るいろいろの馬車…半天に浮び出でたる凱旋塔の神女の像、この許多の―」〈鴎外舞姫
景品。
「余興の福引の―でも貰って」〈魯庵社会百面相
連歌・俳諧で、点取りのときの賞品

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けいぶつ【景物】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

けい‐ぶつ【景物】
〘名〙
① 四季折々の情趣のある事物。自然の風物。景色。風景。光景。連歌・俳諧では、特に、雪・月・花・郭公(ほととぎす)を四箇の景物といい、これに紅葉を加えて五箇の景物ともいう。
※文華秀麗集(818)上・秋日冷然院新林池探得池字応製〈淳和天皇〉「景物仍堪聖目
※連理秘抄(1349)「時節の景物を案じ得たる許(ばかり)にて、下手はよく付けたりと思ふべし」
② 時節に応じた、珍しい品。四季折々の衣装、くだもの、料理など。
※明衡往来(11C中か)上末「旨酒一樽、景物少々」
※源平盛衰記(14C前)三九「時の景物(ケイブツ)尋ねて、酒勧め奉らんと支度したり」
③ 競争によって得る賞金または賞品。特に俳諧で、句の選ばれた作者に主催者がほうびとして出す金品。
※随筆・本朝世事談綺(1733)四「俳諧〈略〉褒美前句附、江戸にては元祿八九年にさかんにして、景物(ケイブツ)ある事起る」
④ 主なものに添えて与えるもの。売出しなどに、売物に添えて客に贈る物。また、開店などのおりに客に配る贈り物。景品。
※歌舞伎・梅柳若葉加賀染(1819)五立「谷中町に幸ひ、店開きがござんすゆゑ、御覧じませ。団扇の景物(ケイブツ)二本まで取って参りました」
⑤ 付録として与えるもの。また、付けたりに行なうもの。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一〇「尚(も)一つ景物(ケイブツ)にほめていへば」
⑥ 口上茶番(こうじょうちゃばん)などでしゃれの素材とする品物。
※合巻・茶番狂言初音待(1815)仁王「けいぶつのしなじな〈略〉はをりの下などへ隠しおきて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

景物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

景物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation