@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

景色【ケイショク】

デジタル大辞泉

けい‐しょく【景色】
風景。けしき。
「自分の国の―やら、習慣やら」〈漱石・永日小品〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

け‐しき【景色】
《「気色(けしき)」と同語源》
観賞の対象としての自然界の眺め。風景。「景色がよい」「雪景色
陶磁器、特に茶陶の見所の一。頽(なだ)れ窯変斑文(はんもん)など、不測の変化の部分をいう。→金継ぎ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

けいしょく【景色】
風景。けしき。 この-を船窓よりこわごわ望みて/西洋道中膝栗毛 魯文

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けしき【景色】
気色から。近世以降の用字
ながめ。風景。特に、自然のながめ。 -のいい所
茶人のいう陶器の見所の一。陶器表面にかけた釉うわぐすりの流れ具合や溶け具合、また焼成時の火加減により生じた窯変ようへんなど、不測の変化をいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けい‐しょく【景色】
〘名〙 山や川などのおもむき。風景。けしき。〔書言字考節用集(1717)〕
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)六「月の影、八わた山にさし出たるに、船中おのおのいさみたち、〈略〉此けいしょくをながめいたるが」 〔宋之問‐夜飲東亭詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

け‐しき【景色】
〘名〙 (「気色(けしき)」から)
① 山水、風物などの趣、有様。また、物事の有様。光景。
※枕(10C終)二三「うらうらとのどかなる日のけしきなどいみじうをかしきに」
※源氏(1001‐14頃)帚木「すくよかならぬ山のけしき、木深く世ばなれてたたみなし」
② 茶道具で、鑑賞上興味を引くもの。釉(うわぐすり)の色、なだれ、窯変(ようへん)、斑紋など、主として陶器についていう。景(けい)
[語誌]→「けしき(気色)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

景色」の用語解説はコトバンクが提供しています。

景色の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation