@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

暉峻義等【てるおかぎとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

暉峻義等
てるおかぎとう
[生]1889.9.3. 兵庫
[没]1966.12.7. 東京
医学者。労働科学の開拓者。 1917年東京帝国大学医科大学卒業後,同生理学教室の助手となり,19年大原社会問題研究所に入る。翌年倉敷労働科学研究所 (1937年財団法人日本労働科学研究所改組) 創立により所長となり,48年まで在任。 20~23年には欧米で労働医学の現状を視察,研究資料を収集した。現在労研所蔵のゲッティンゲン文庫はその一部である。 26年日本産業衛生協会を創立,48年まで同理事長,39年開拓科学研究所所長,42~45年大日本産業報国会労働科学研究所所長を歴任した。 50年健康社会建設協議会を設立,51~54年日本大学理学部教授。 64年,日本における労働科学の建設と発展に尽した業績により朝日賞を受賞した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

暉峻義等 てるおか-ぎとう
1889-1966 大正-昭和時代の労働科学者。
明治22年9月3日生まれ。大原社会問題研究所にはいり,大正10年倉敷労働科学研究所(のちの日本労働科学研究所)所長。工場労働者,農民,漁民らの生活・健康問題を調査・研究した。戦後一時解散した同研究所を再建,昭和25年健康社会建設協議会を設立した。昭和41年12月7日死去。77歳。兵庫県出身。東京帝大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

てるおかぎとう【暉峻義等】
1889‐1966(明治22‐昭和41)
大正・昭和期の労働生理学者。兵庫県に生まれる。1917年東大医学部卒業後,永井潜のもとで生理学を専攻し,永井の勧めで警視庁嘱託として東京市内の貧民層の衛生状態調査に着手した。19年大阪に大原社会問題研究所が創立され,入所したが,実験施設を欠いていたため,東京において《日本社会衛生年鑑》の資料収集や八王子の機業女子労働の調査に従事した。20年,紡績労働者の健康と生産能率の研究を目的とした倉敷労働科学研究所が創設されると,その所長となり,石川知福,桐原葆見らとともに日本の労働実験医学の先駆的業績をつぎつぎとに出した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

暉峻義等
てるおかぎとう
(1889―1966)
大正・昭和期の労働生理学者。労働科学の創始者。兵庫県生まれ。1917年(大正6)東京帝国大学医学部を卒業、生理学教室で研究に従事。1918年内務省の求めで警視庁の嘱託となり、東京市本所(ほんじょ)区横川町、深川区豊住町の細民街に泊まり込んで貧困に関する社会衛生学的研究を行う。この調査を通じて、京橋区月島で労働者の調査をしていた東京帝国大学経済学部教授の高野岩三郎らと知り合う。1919年、倉敷紡績社長大原孫三郎(おおはらまごさぶろう)は、社会問題、労働問題の科学的解決のために、大阪に大原社会問題研究所を創立、高野岩三郎が所長に就任、暉峻は社会衛生部門を担当するため入所した。しかし1921年に大原が倉紡万寿(ます)工場内に医学と心理学部門をもつ倉敷労働科学研究所を設立、暉峻はその所長となった。工業だけでなく、農業労働も含めて健康問題、疲労問題の研究を行った。1929年(昭和4)に産業衛生協議会(現、日本産業衛生学会)を創立、1937年に研究所は東京に移り、第二次世界大戦下には大日本産業報国会に合併され、その所長を務めた。戦後、公職追放となる。1953年(昭和28)に第1回アジア労働衛生会議を創設し、会議を開催した。[三浦豊彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

暉峻義等」の用語解説はコトバンクが提供しています。

暉峻義等の関連情報

関連キーワード

新藤兼人[各個指定]芸能部門加藤泰丹下健三野村芳太郎森一生宇宙開発史(年表)森鴎外ウェーリーブルンナー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation