@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

暗塞【くれふさがる】

精選版 日本国語大辞典

くれ‐ふさが・る【暗塞】
※続古事談(1219)五「けぶり満ちみちて、王宮の内くれふさがりぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くれ‐ふたが・る【暗塞】
〘自ラ四〙
① 一面に暗くなる。全くの暗闇となる。くれふさがる。
※今昔(1120頃か)二四「四方に暗塞りて、物も不思して侍しを」
② 心が暗くなる。希望がなくなる。悲しみに沈む。くれふさがる。
※前田本枕(10C終)二九一「文といふものなからましかば、いかにいぶせく世の中くれふたかりておぼえまし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

暗塞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

暗塞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation