@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

暗渠【アンキョ】

デジタル大辞泉

あん‐きょ【暗×渠】
地下に埋設したり、ふたをかけたりした水路暗溝。→開渠(かいきょ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あんきょ【暗渠】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あんきょ【暗渠】
覆いをしたり地下に設けたりして、外から見えないようになっている水路。 ⇔ 明渠めいきよ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

暗渠
あんきょ
地下に設けられていて外からは見えない水溝(すいこう)。流水面が見える水路を開渠または明渠とよぶのに対する語で、目的、構造の異なる排水暗渠under drain、集水暗渠collecting channel、通水暗渠closed conduitの総称。排水暗渠は、地面に深さ1メートル弱の溝を掘り、底に吸水渠を敷設して埋め戻したもので、土壌中の過剰水を吸収排除して、農地、グラウンドなどの土壌水分を適正値に制御するために、あるいは、下向きに土中浸透水流を生じさせて土壌中の塩分を洗い流すために用いられる。近年灌漑(かんがい)農業の普及によって塩類蓄積による土壌資源の破壊が世界的に問題になってきて、後者の役割がとみに重視されている。吸水渠を粗朶(そだ)、石礫(せきれき)などの粗積みで形成したものを簡易暗渠といい、紀元前約3000年のウル遺跡(イラク南部)にさかのぼる歴史をもつが、現在は土管、多孔プラスチック管などによる完全暗渠や、穿孔(せんこう)機を用いて土中に孔を穿(うが)つのみの無材暗渠(モグラ暗渠ともいう)が主であり、長尺可撓(かとう)プラスチック管の連続埋設機が普及している。
 集水暗渠は、河川伏流水など比較的浅い地下水を用水として取水するために埋設される横形式の井戸で、構造的には排水暗渠と大差はない。中近東でオアシスの水源施設として名高いカナート(地下水路)は、これのきわめて大きなものにほかならない。
 通水暗渠は、種々の目的で地下に設けられる水路である。下水管渠が代表的なものであるが、最近は都市内の街路沿いの排水溝に蓋(ふた)をして暗渠とし、街路の拡幅にあてる例も多い。[冨田正彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あん‐きょ【暗渠】
〘名〙 道路、鉄道などの地下に埋設したり、地表にあっても水面が見えないように、ふたがしてあったりする通水路や排水溝
※江戸から東京へ(1922)〈矢田挿雲〉八「一層の事橋の幅を窮極まで拡げて隅田川全部を暗とし」 〔梅堯臣‐与正仲屯田遊広教寺詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

暗渠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

暗渠の関連情報

他サービスで検索

「暗渠」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation