@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

暴行【ボウコウ】

デジタル大辞泉

ぼう‐こう〔‐カウ〕【暴行】
[名](スル)
乱暴な行為。不正な行い。
「其―の寛厳は立君独裁の―に異ならずと雖も」〈福沢文明論之概略
暴力を用いて人身に危害を加えること。「暴行を加える」「通行人に暴行する」
力ずくで女性を犯すこと。強姦(ごうかん)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼう‐こう ‥カウ【暴行】
〘名〙
① 乱暴な行為。不正な所行。
※童子問(1707)上「以為邪説、為暴行」 〔孟子‐滕文公下〕
② 他人に暴力を加えること。
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉一一「漫(みだ)りに師範生に向って暴行を擅(ほしいまま)にしたりと」
③ 強姦をすること。
※ヰタ・セクスアリス(1909)〈森鴎外〉「湯から帰る女の跡を附けて行って、暴行を加へた」
④ 法律で、他人に対し不法に暴力を加えること。刑法上、腕力をふるう場合だけでなく、生理的、心理的に影響を与える有形力の行使は、すべてこれに含まれるとされる。
※刑法(明治四〇年)(1907)二〇八条「暴行を加へたる者人を傷害するに至らざるときは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼう‐ぎょう ‥ギャウ【暴行】
〘名〙 =ぼうこう(暴行)〔布令字弁(1868‐72)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

暴行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

暴行の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation