@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

曇徴【どんちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

曇徴
どんちょう
推古18(610)年に来朝した高句麗儒学絵画工芸,紙墨彩色から農具までも伝え碾磑てんがい,みずうす)をつくったといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

どんちょう【曇徴】
7世紀の高句麗(こうくり)の僧。推古天皇18年(610)渡来五経通じ、彩色(絵画)、製法水力を利用したの製法を伝えたという。生没年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

曇徴 どんちょう
?-? 高句麗(こうくり)(朝鮮)の僧。
推古天皇18年(610)に嬰陽(えいよう)王ので僧法定(ほうじょう)とともに渡来。五経に通じ,また絵の具や紙・墨をつくり,磑(みずうす)(水力を利用した臼(うす))を製作したという。「聖徳太子伝暦」には,聖徳太子がふたりを斑鳩宮(いかるがのみや)にまねき,ついで法隆寺にとどまらせたとある。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

どんちょう【曇徴】
高句麗からの渡来僧。生没年不詳。《日本書紀》によると,610年(推古18)高句麗の嬰陽王が法定とともに朝廷に貢上した。よく彩色(絵具),紙,墨をつくり,あわせて碾磑(てんがい∥みずうす)を製作した。製紙技術はすでに中国あるいは朝鮮から伝えられていたとみられ,曇徴はさらに良質の紙の製法をもたらしたのであろう。水力を利用した臼はこのときに始まるという。また五経に通じた。《聖徳太子伝暦》には法隆寺に住したとある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

どんちょう【曇徴】
高句麗の僧。610年渡来。五経に詳しく、また彩色・紙墨の製法や碾臼ひきうすを伝えたという。生没年未詳。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

曇徴
どんちょう
生没年不詳。7世紀の高句麗(こうくり)(朝鮮)の僧。610年(推古天皇18)3月、高句麗嬰陽(えいよう)王(在位590~618)の命により、僧法定(ほうじょう)(生没年不詳)とともに来日。五経に通じ、またよく彩色(絵の具)、紙墨をつくり、さらに碾磑(みずうす)(水力を利用した臼(うす))をつくったことが『日本書紀』にみえる。紙の製造については、日本における文献上の初見であり、また、碾磑は日本ではほとんど普及しなかったが、その製造の初めとして注目されている。[二葉憲香]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どんちょう【曇徴】
飛鳥時代の高麗の僧。推古天皇一八年(六一〇)に来日、儒教および彩色、紙墨の製法、碾磑(てんがい)など当時の文化を伝えたという。生没年不詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

曇徴
どんちょう
生没年不詳
7世紀前期に来日した高句麗の僧
610年高句麗王の命で来日,紙・墨・絵具を伝えた。五経に通じ,絵画をよくした。作品は現存しない。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曇徴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

曇徴の関連情報

関連キーワード

フォーカスビザンティン帝国フォーカスヘラクレイオスビザンチン帝国ブズルグ・ミフルボニファチウス4世アッシリア関西学院大学グッズ第2東京タワー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation