@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

曇遷【どんせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

曇遷
どんせん
Tan-qian
[生]大統8(542)
[没]大業3(607)
中国,隋の摂論宗を北中国に広めた北周武帝迫害を逃れて南中国に行き,真諦の訳した『摂大乗論』を入手,隋代にその注釈書を作った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

曇遷
どんせん
(542―607)

中国、南北朝末から隋(ずい)代にかけて活躍した仏教学者。36歳のとき、北周武帝による仏教迫害を逃れて南中国建康(けんこう)(南京(ナンキン))に行き、道場寺にあって、真諦(しんだい)の訳出した『摂大乗論(しょうだいじょうろん)』を中心とした唯識(ゆいしき)学を学び、のちその注釈書をつくった。『摂大乗論』の学説が華北の仏教界に知られるようになったのは、ひとえに彼の功績であるといわれる。『摂大乗論疏(しょ)』『亡是非論(ぼうぜひろん)』『大乗起信論疏』などの著述がある。そのほか、古来、天台慧思(てんだいえし)と伝えられる『大乗止観法門』の作者も、この曇遷ではないかと考えられる。

[柏木弘雄 2017年3月21日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曇遷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

曇遷の関連情報

関連キーワード

ポツダム命令日本管理法令増える児童虐待日中航空交渉NIE周期表篆隷万象名義曇鸞部首熊野磨崖仏

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation