@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

曲独楽【キョクゴマ】

デジタル大辞泉

きょく‐ごま【曲独楽】
寄席演芸で、大小独楽による曲芸元禄(1688~1704)ごろの博多曲独楽に始まる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典

曲独楽
曲独楽〔きょくごま〕とは、江戸時代に考案された曲芸用の独楽のことです。大小の独楽を使って、独楽を扇子に乗せたり、綱渡りをさせるといった、様々な芸を披露する寄席演芸として、元禄(1688〜1704年)ごろに博多で生まれました。

出典:シナジーマーティング(株)

大辞林 第三版

きょくごま【曲独楽】
見世物の一。独楽まわしの曲芸。散楽系の曲技で、興行としては元禄期(1688~1704)に大坂に起こった。幕末を最盛期とし、浅草奥山の香具師やし松井源水が有名。現在も寄席芸として残っている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょく‐ごま【曲独楽】
〘名〙 大小の独楽を操って演じる曲芸。こままわし。《季・新年》
※浮世草子・傾城色三味線(1701)京「九州より独楽廻しの小人のぼりて、四条川原の小芝居にて、さまざまの曲(キョク)ごまをまはし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曲独楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

曲独楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation