@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

曲舞【くせまい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

曲舞
くせまい
日本の中世芸の一種。「久世舞」とも書き,「舞々 (まいまい) 」ともいう。の伴奏に合せて,男が直垂 (ひたたれ) ,大口装束を持ってうのが本来であったらしいが,女や稚児の曲舞も盛んに行われた。起源は不明であるが,鎌倉時代末から記録に現れ,南北朝時代には京都の祇園会に南都 (奈良) から女曲舞が来て舞車の上で舞ったという。室町時代になると次第に衰え,世阿弥の『五音』によると,曲舞の舞手が絶えて,南都の百万という女曲舞の系統をひく賀歌の末流以外は残っていないとある。室町時代中期からは曲舞の一派幸若舞 (こうわかまい) が盛んになり,曲舞と同義語のようになった。曲舞は他の音曲と異なり,拍子を根本とする節の多いリズミカルな曲節が特色であったが,観阿弥により大和猿楽に取入れられ,謡の改革がなされた。『五音』には,「白鬚」「地獄」「西国下り」などの曲舞があげられているが,観阿弥らにより作られたものである。また謡曲中の「クセ」は,曲舞を取入れた部分である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くせ‐まい〔‐まひ〕【曲舞/久世舞】
南北朝時代から室町時代に流行した芸能。鼓に合わせて謡いつつ、扇を持って舞ったもの。白拍子舞が母体といわれ、その音曲は謡曲に入って曲(くせ)となった。
幸若舞のこと。室町中期以降、幸若舞が特に隆盛となり、曲舞を代表するようになったのでいう。
能の金剛喜多流で、蘭曲(らんぎょく)のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くせまい【曲舞】
久世舞とも書き,舞々(まいまい),あるいは単に舞(まい)ともいう。日本の中世芸能の一種。南北朝時代から室町時代を通じて盛行したが,室町時代中期を前期のものと後期のものとに分けられ,名称は同じでも両者はかなり違いのある芸能であったらしい。前期の曲舞はやや長い叙事的な内容の歌謡を,鼓に合わせてリズミカルに歌い,それに足拍子など簡単な所作の舞が伴ったらしい。一人舞が基本だが,二人舞(相舞(あいまい)ともいう)のこともあり,男は直垂(ひたたれ)・大口(おおくち)姿,稚児(ちご)や女は立烏帽子(たてえぼし)に水干(すいかん)・大口姿の男装で演じ,芸とともにその容色などもよろこばれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くせまい【曲舞】
南北朝・室町時代に盛行した白拍子系と考えられる芸能。少年や女性が立烏帽子たてえぼし・水干すいかん・大口の男装をし、男は水干の代わりに直垂ひたたれで舞った。鼓を伴奏とする拍子が主体の謡と、扇を手にした簡単な所作の舞で、専業者のほか声聞師しようもんじなども演じた。観阿弥は猿楽に取り入れ、現在、曲くせとして、その面影が能に残る。後期は幸若舞がその主流となった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

曲舞
くせまい
南北朝時代から室町時代にかけて流行した中世芸能の一つ。久世舞、九世舞とも書き、舞(まい)、舞々(まいまい)ともいう。曲舞の起源は明らかではないが、『七十一番職人尽歌合(しょくにんづくしうたあわせ)』には白拍子(しらびょうし)と曲舞とが対(つい)になっており、囃子(はやし)、服装などの類似から、その母胎は白拍子舞にあるのではないかといわれている。曲舞の服装は、児(ちご)は水干(すいかん)、大口(おおくち)、立烏帽子(たてえぼし)、男は水干のかわりに直垂(ひたたれ)を着け、扇を持ち鼓にあわせて基本的には一人舞を舞った。また舞は2段に分かれ、次第(しだい)という部分を謡って舞い始め、同じ次第で終了するのが特色であった。とくに児曲舞や男装の女曲舞が喜ばれたが、京都や奈良の唱聞師(しょうもんし)のなかからも専業化した曲舞が現れた。曲舞はしだいに同時代に隆盛した猿楽(さるがく)に押されて衰微していったが、能の大成者である大和(やまと)猿楽の観阿弥(かんあみ)(1333―84)は、これに小歌節(こうたぶし)を加えて小歌節曲舞を創(つく)り、それを自流の能の謡のなかに取り入れて独自の芸風を確立した。のちにこの部分はクセとよばれるようになるが、謡曲『山姥(やまんば)』『百万(ひゃくまん)』は昔日の曲舞のおもかげを残しているといわれる。一方、室町中期以降、曲舞はその一派である幸若舞(こうわかまい)に形を変えて受け継がれていき、しだいに曲舞といえば幸若舞をさすようになった。[高山 茂]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

曲舞
くせまい
室町初期におこった舞踊
散文的な詞章を謡いながら舞う。常に折烏帽子に直垂 (ひたたれ) ,稚児曲舞・女房曲舞は立烏帽子に水干 (すいかん) 。楽は鼓 (つづみ) ,舞人は通常1人で,祭礼宴席に招かれる。嘉吉年間(1441〜44)にその一派幸若舞 (こうわかまい) がおこり織田・豊臣・徳川3代の保護をうけ発展した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曲舞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

曲舞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation