@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

曲馬【きょくば】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

曲馬
きょくば
馬に乗って演じる曲芸。もと馬術の修練のわざが余興となり,興行化したもの。の散楽雑伎の1つとして,日本にも古くから伝えられたらしいが,興行化したのは享保年間 (1716~36) 頃といわれる。寛政年間 (89~1801) 頃には女馬も現れた。元治1 (64) 年西洋曲馬が入り,1886年イタリア人のチャリネ一座が評判をとって以後,在来の日本の曲馬は西洋曲馬に圧倒され,近代的なサーカスに吸収された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょく‐ば【曲馬】
馬の曲乗りや、馬に曲芸をさせる見世物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょくば【曲馬】
馬を駆けさせながら,馬上で種々曲乗りを演ずる芸。馬のみの芸もある。もと馬術の余興であったものが,見世物として興行化したもの。日本では室町時代に〈曲乗り〉の記録がみえるが,見世物興行の初めは,1726年(享保11)京都七条引地で,三条正親町家の家来原田兵部が興行した曲馬といわれる。これは中国の散楽雑戯(さんがくざつぎ)のなかの,猨騎(えんぎ)の伝統をひく朝鮮曲馬に影響されたものらしい。宝暦期(1751‐64)に現れた女曲馬は,〈立ち駈(か)け〉〈下りふじ〉〈敵隠れ〉〈蟬どまり〉〈鶴の餌拾い〉などの曲目で評判をとり,寛政(1789‐1801)から文化・文政期(1804‐30)にかけて全盛で,華やかな衣装で歌舞伎芝居の所作事,早替りを演じた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

曲馬
きょくば

動物曲芸中もっとも有名なもので、馬を用いて行う曲芸。もともとは馬術の余興として行われたものというが、散楽雑伎(さんがくざつぎ)の一種ともいわれ、武術としての乗馬技術の曲乗りが芸能化したものともいえる。興行の始まりは享保(きょうほう)(1716~1736)以後のことといわれる。日本曲馬といわれる古典的な芸種には、立ち駆け、一さん下りふじ、鶴(つる)の餌(えさ)拾いなどといった曲があった。寛政(かんせい)(1789~1801)ごろには女曲馬が出現し人気を博している。のちには歌舞伎(かぶき)の趣向を取り入れて、七変化(しちへんげ)、玉藻前(たまものまえ)、法界坊(ほうかいぼう)、阿古屋(あこや)などを演ずるようにもなった。西洋の曲馬は、1864年(元治1)の舶来軽業(かるわざ)興行の一行に加わっていたし、1871年(明治4)にはフランス人スリエが東京で興行したが、とりわけ1886年のイタリア人チャリネ一座の評判はすばらしく、5世尾上(おのえ)菊五郎が歌舞伎に取り入れたほどで、以来日本の曲馬は影を薄くした。日本では昭和初期までサーカスを曲馬団とよんでいた。

[織田紘二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょく‐ば【曲馬】
〘名〙
① 馬に曲乗りすること。また、その見世物。また、曲乗りの馬。〔いろは字(1559)〕
※歌舞伎・矢の根(1729)「曾我の五郎時致が、曲馬の術(すべ)をこれ見よや」
② 曲馬団。サーカス。
※いたづら小僧日記(1909)〈佐々木邦訳〉「明日から曲馬(キョクバ)がかかる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

曲馬
(通称)
きょくば
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
音響曲駒鞭 など
初演
明治5.5(東京・中村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曲馬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

曲馬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation