@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

書記官【ショキカン】

デジタル大辞泉

しょき‐かん〔‐クワン〕【書記官】
旧制で、内閣・各省・都道府県庁・貴族院衆議院などにおいて、長官を補佐して文書の作成や審案などの事務を職務としていた高等官。
裁判所書記官」の
外交官の一。外交事務に従事する者。
[補説]書名別項。→書記官

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょきかん【書記官】[書名]
川上眉山短編小説。明治28年(1895)「太陽に掲載。観念小説傑作として知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょきかん【書記官】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょきかん【書記官】
旧制で、内閣・各省・議会両院や地方官庁などで、事務を分掌した奏任官。
「裁判所書記官」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょき‐かん ‥クヮン【書記官】
〘名〙
① 記録を司る役。書記。
※随筆・折たく柴の記(1716頃)上「製述官成琬・書記官李聃齢ならびに裨将洪世泰などいふものどもにあひて」
② 旧制で、各行政官庁において、長官を補佐し、その事務を分担する奏任官。書記。
※各省官制通則(明治二三年)(1890)一五条「各省職員を置く左の如し。次官 局長 参事官 秘書官 書記官」
③ 主として外交事務に従事する外交官の名称の一つ。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉例言「大使の西航する、書記官は使命公務の文書を纂め」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

書記官」の用語解説はコトバンクが提供しています。

書記官の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation