@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

曾我物【そがもの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

曾我物
そがもの
曾我十郎・五郎兄弟の仇討ちに関する物語を脚色した作品をいう。古くは能楽,幸若舞曲に始り,人形浄瑠璃歌舞伎作品にもきわめて多い。ことに歌舞伎では,五郎が御霊と通ずることから御霊信仰の要素も作用し,享保期 (1716~36) 以後,江戸の各劇場で正月に必ず曾我物を上演するならわしが生じたため,曾我物は各種おびただしい数に上る。兄弟の仇討ちにいたる苦心の物語が,当時の人々の同情を集めたのが人気の主因であるが,十郎を中心とした恋愛の場面,五郎を主人公とする勇壮豪快な局面 (荒事) も,その一因であった。現行の代表的な作品には『矢の根』『助六由縁江戸桜 (すけろくゆかりのえどざくら) 』『草摺引』などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そがもの【曾我物】
わが芸能史上最も数の多い演目をもつ史実潤色の作品群。源頼朝幕下の重臣工藤祐経(すけつね)に,父河津祐泰を討たれた遺子の十郎祐成(すけなり)・五郎時致(ときむね)の兄弟が,18年目に富士の裾野巻狩で工藤を討った事件は《曾我物語》になり,幸若舞,能,古浄瑠璃をはじめおびただしい数の演目で,特に江戸の大衆に喜ばれた。近松門左衛門も人形浄瑠璃のために書いたが,歌舞伎では,江戸の荒事が五郎という人物を典型化したので,代々の市川団十郎がこの役を演じた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

そが‐もの【曾我物】
〘名〙 曾我兄弟の事跡を主題とした戯曲作品の総称。能・幸若舞・浄瑠璃などの「元服曾我」「夜討曾我」、歌舞伎の「矢の根」「対面」、所作事の「草摺引」「雨の五郎」などが名高く、おびただしい数にのぼる。曾我狂言。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曾我物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

曾我物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation