@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

曾良【そら】

世界大百科事典 第2版

そら【曾良】
1649‐1710(慶安2‐宝永7)
江戸前期の俳人岩波,名は正字(まさたか),通称は庄右衛門。《おくのほそ道》には河合惣五郎という名を記す。信濃国上諏訪の人。若くして伊勢長島藩に仕える。延宝年間(1673‐81)に江戸に出,1683年(天和3)夏ころ芭蕉に入門。85年(貞享2)秋ころ致仕し,深川に住んだ。87年の“鹿島詣”,89年(元禄2)の“おくのほそ道”の旅で芭蕉に随行した。また,吉川惟足神道を学んだともいう。巡回使に従って旅の途中,壱岐勝本で客死。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

そら【曾良】
江戸前期の俳人。信濃国の人。本名岩波庄右衛門正字(まさたか)。通称河合惣五郎。伊勢の長島藩に仕えたが、致仕して江戸で神道・歌学などを修め、貞享二年(一六八五)ごろから芭蕉に師事。師の「鹿島紀行」「奥の細道」の旅に随行した。主著「曾良旅日記」。慶安二~宝永七年(一六四九‐一七一〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

曾良 そら

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

曾良」の用語解説はコトバンクが提供しています。

曾良の関連情報

関連キーワード

チャールズチャールズ[1世]木下長嘯子ビジャヤナガル王国サベジチャールズ1世ウィンスロップサルマシウスデカルトピューリタン革命

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation