@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

最上川【もがみがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

最上川
もがみがわ
山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系にを発し,北流して米沢山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040km2) は山形県の面積 (9323.32km2) の約4分の3を占める。川は日本三急流の1つとして知られ,五百川 (いもがわ) 峡,碁点峡,最上峡などの峡谷を形成して貫流。出羽山地を横断する区間の峡谷美をもつ流域一帯は最上川県立自然公園指定されている。古くから中流部以下が水上交通に利用され,近世には峡谷部が開削されて舟運が栄えた。沿岸には清水,大石田左沢 (あてらざわ) などの船着場が発達。奥羽本線が開通したのち舟運は衰退。本流に1つ,支流に多くのダムが建設され,発電,洪水防止,灌漑に利用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

もがみ‐がわ〔‐がは〕【最上川】
山形県を貫流する川。吾妻山群に源を発し、米沢山形新庄盆地を北流し、庄内平野酒田市日本海に注ぐ。長さ約229キロ。富士川球磨川と並ぶ日本三急流の一。古くから舟運が盛ん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

もがみがわ【最上川】
山形の日本酒。酒名は、日本三大急流のひとつ、最上川に由来。「とろり五年」は5年以上熟成させた吟醸原酒を基本に本醸造原酒をブレンドしたもの。ほかに大吟醸酒、純米吟醸酒純米酒本醸造酒など。平成16、19年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、五百万石、出羽燦々など。仕込み水は神室山系の伏流水蔵元の「最上川酒造」は大正7年(1918)創業、平成21年(2009)廃業は新庄市十日町にあった。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もがみがわ【最上川】
山形県を貫流する川。福島県境の吾妻火山に源を発し,米沢,長井,山形,新庄の4盆地を貫流し,出羽山地最上峡で横切って庄内平野に出て,酒田市南部で日本海に注ぐ。幹川流路延長は229kmで,山形県内だけを流れる。全流域面積は7040km2で県総面積の約75%を占め,上流域に多雪山地を有するため豊かな水量をもたらし,日本三大急流の一つといわれる。地形的には上流から長井盆地と山形盆地の間に五百川(いもがわ),山形盆地と新庄盆地の間に碁点(ごてん),三ヶ瀬(みかのせ),はやぶさ)のいわゆる三難所,新庄盆地と庄内平野の間に最上峡の峡谷をつくり,それぞれの盆地,平野を結んでいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

もがみがわ【最上川】
山形県南境の吾妻連峰一帯を水源地とし、米沢・山形・新庄の諸盆地を貫流して、庄内平野で日本海に注ぐ川。長さ229キロメートル。日本三急流の一。舟運に大いに利用された。歌枕 -のぼればくだる稲舟いなふねのいなにはあらずこの月ばかり/古今 東歌

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

最上川
もがみがわ
山形・福島県境の吾妻火山(あづまかざん)に源を発し、山形県内を貫流し庄内平野(しょうないへいや)で日本海に注ぐわが国有数の大河。一級河川。幹線流路延長229キロメートル。源流は松川という。吾妻火山を流下してほぼ北流、米沢(よねざわ)、山形、新庄(しんじょう)の各盆地を貫流し、新庄盆地で向きを西に変え、最上峡をつくって出羽(でわ)山地を横切り、庄内平野に出て酒田市南部で日本海に流入する。流域面積7040平方キロメートルは県総面積の約75%を占め、しかも山形県内だけを流れる「一県一河川」であり、県内の主要都市のほとんどが沿岸に立地する。北から白川(置賜白(おきたましら)川)、寒河江(さがえ)川、須(す)川、丹生(にう)川、小国(おぐに)川、鮭(さけ)川、立谷(たちや)川などの支流をあわせ、盆地ごとに河川の侵食、流送、堆積(たいせき)の作用を繰り返すという地形的特色を示す。上流域は多雪地で豊かな水量をもたらし、高屋(戸沢村)の年平均流量は毎秒356トンに達する。一方、上流から五百川峡(いもかわきょう)、碁点(ごてん)・三ヶ瀬(みかのせ)・隼(はやぶさ)の三難所からなる碁点峡、最上峡などがあり、最上川が富士川、球磨(くま)川とともに日本三急流の一つといわれるのは、これらの峡谷部が急流で、舟運の盛んな大河としては難所が多かったことによる。
 最上川の舟運は戦国時代に酒田―清水(しみず)(大蔵(おおくら)村)間が開発され清水河岸(かし)が置かれたのが端緒という。関ヶ原の戦い(1600)後、庄内地方を領有した最上義光(よしあき)によって三難所が開削されて急速に進展した。とくに寛永(かんえい)年間~慶安(けいあん)年間(1624~1652)にかけて川船中継権を獲得した大石田河岸(大石田町)が発達し、上り酒田船、下り大石田船という片運送の慣行も成立した。船町(ふなまち)河岸(山形市)など上流地域の最上船も含め大石田船差配役が統轄した。元禄(げんろく)年間(1688~1704)以降は上流地域の産業の隆盛や上杉藩による五百川峡上流部の黒滝の開削などで寺津(てらつ)(天童市)、本楯(もとだて)(寒河江市)、横山(大石田町)の三河岸も公認された。川船差配制が行き詰まると大石田には幕府直轄の川舟役所が設置された。おもな運送物資は、下り荷に流域各藩の蔵米、商人米、紅花、青苧(あおそ)など、上り荷は塩、塩魚、古手(ふるて)、茶、小間物などで、主として(ひらたぶね)で運ばれ、後期には私船の小鵜飼(こうがい)船も活躍した。しかし明治30年代に入ると奥羽線の開通などで急速に衰退した。その後最上川は10万ヘクタールの水田を潤す農業用水源として、また上水道、工業用水として重要な役割を担うことになった。支流や上流部を中心にダム、発電所が多く設置されている。一方、最上峡舟下りの遊覧船などもあり、河川緑地、公園の整備も図られている。
 なお、最上川は歌枕(うたまくら)として多く詠まれており、とくに「最上河のぼればくだる稲舟のいなにはあらずこの月ばかり」(『古今集』東歌)は名高い。このほか、芭蕉(ばしょう)、斎藤茂吉(もきち)など文人、墨客とのかかわりも深い。[中川 重]
『『最上川』『最上のながれ』(1982・山形県総合学術調査室) ▽井上八蔵著『最上川』(1982・叢文社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

最上川
(山形県)
日本三急流」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最上川
(山形県)
日本八景」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

最上川
(山形県酒田市)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産」指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もがみ‐がわ ‥がは【最上川】
山形県を流れる川。福島県境の吾妻山に発し、米沢・山形・新庄の各盆地を流れて酒田市で日本海に注ぐ。古くから舟運に利用された。上流部は電源地帯。日本三急流の一つ。米沢盆地では松川と呼ばれる。全長二二九キロメートル。
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)最上川「五月雨をあつめて早し最上川」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最上川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

最上川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation