@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

最上徳内【もがみとくない】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

最上徳内
もがみとくない
[生]宝暦4(1754)? 羽前
[没]天保7(1836).9.5. 江戸
江戸時代末期の蝦夷地探検家。名,常矩農民の出身で幼時から数理計測を好んだ。のち蝦夷地におもむき,ロシア船の出没を知って松前藩主に防備献策を行い,帰府して本多利明の塾で測量学,地理学などを学んだ。天明6 (1786) 年師に代って蝦夷地の踏査におもむき,蝦夷地から国後 (くなしり) 島,択捉 (えとろふ) 島にいたった。寛政4 (92) 年樺太 (サハリン島) 踏査を命じられクシュンナイにいたった。同年来航したロシア使節 A.ラクスマン応接,のち功により士分となり箱館奉行支配役となった。蝦夷通として知られ,蝦夷と生活をともにし,その言語,風俗に精通していた。著書に地誌『蝦夷草紙』 (5巻5冊) ,『松前史略』 (2冊) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

もがみ‐とくない【最上徳内】
[1754~1836]江戸後期の探検家。出羽の人。名は常矩(つねのり)。本多利明天文・測量などを学び、天明5年(1785)幕命による蝦夷(えぞ)地調査に随行。のち、択捉(えとろふ)得撫(ウルップ)樺太(からふと)などを数次にわたり調査・探検。著「蝦夷草紙」「度量衡説統」、シーボルトとの共編「アイノ語辞典」などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

最上徳内 もがみ-とくない
1755-1836 江戸時代中期-後期の探検家。
宝暦5年生まれ。江戸で本多利明に天文,測量などをまなぶ。天明5年(1785)以降幕府の蝦夷地(えぞち)調査隊にくわわり,択捉(えとろふ)島,ウルップ島などにわたる。のちシーボルトに蝦夷地図を貸与し,アイヌ語辞典を共編した。天保(てんぽう)7年9月5日死去。82歳。出羽(でわ)村山郡(山形県)出身。本姓は高宮。名は常矩(つねのり)。著作に「蝦夷草紙」「度量衡説統」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

もがみとくない【最上徳内】
1755‐1836(宝暦5‐天保7)
江戸末期の北方探検家。出羽国村山郡楯岡村(現,山形県村山市)の農民の子。1781年(天明1)江戸に出て幕府の医師山田宗俊(図南)の家僕となり,のち本多利明の音羽塾に入って天文,測量を学んだ。85年利明の推薦で幕府の蝦夷地調査一行の竿取となり,翌年にかけて国後(くなしり)島,択捉(えとろふ)島を調査し,ついでウルップ島に渡った。89年(寛政1)国後,目梨地方のアイヌの蜂起調査のため幕府の密偵青島俊蔵らと松前に渡ったが,青島が松前藩に助言を与えたかどにより処罰された際,不運にも連座して投獄された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

もがみとくない【最上徳内】
1754~1836 江戸後期の探検家。出羽の人。本多利明に天文・数学・測量を学ぶ。1786年幕府の蝦夷地えぞち調査の一員となる。以後、蝦夷・樺太・千島を探検・調査。「蝦夷草紙」を著した。アイヌの生活・言語に精通、アイヌ保護を献策した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

最上徳内
もがみとくない
(1755―1836)
江戸後期の蝦夷(えぞ)地探検家。名は常矩(つねのり)。出羽(でわ)国村山郡楯岡(たておか)村(山形県村山市)の貧農に生まれる。江戸に出て本多利明(ほんだとしあき)に天文、測量などを学ぶ。1785年(天明5)利明にかわって幕吏青島俊蔵(1751―1790)に随行し蝦夷地に渡り、国後(くなしり)に至る。翌1786年単身で択捉(えとろふ)、得撫(うるっぷ)に渡り、ロシア人と接触しロシアの北方進出を知り、北方問題の重要性を認識する。1789年(寛政1)国後・目梨(めなし)の戦いに際し、ふたたび青島と蝦夷地に渡り、青島の罪に連座して入牢(にゅうろう)するが、のちに無罪となる。1791年択捉、得撫、翌年樺太(からふと)を探検。1793年『関東十州川船改所用地図』の作製にかかり、1795年完成、上納する。1798年近藤守重(こんどうもりしげ)(重蔵(じゅうぞう))と択捉に赴き「大日本恵登呂府(だいにほんえとろふ)」の標柱を建てる。1805年(文化2)、1806年に目付遠山景晋(とおやまかげみち)(1764―1837)の西蝦夷地見分を案内して普請(ふしん)役元締格となり、1807年箱館奉行(はこだてぶぎょう)支配調役並となる。同年ロシア船の樺太、択捉、利尻(りしり)襲撃事件のときは斜里(しゃり)の津軽藩兵を指揮、1808年には樺太に派遣され会津藩兵監察となる。蝦夷地に渡ること9回、当時随一の蝦夷通として知られた。1826年(文政9)江戸参府中のシーボルトを訪問、蝦夷地地図を貸与するとともに北方に関する知識を提供、またシーボルトと共編で蝦・日・蘭(らん)・独語の『アイノ語辞典』を纂(さん)した。シーボルトはその著『日本』で徳内を高く評価している。天保(てんぽう)7年9月5日没。著書に『蝦夷草紙』『蝦夷拾遺』(以上、北門叢書(そうしょ)所収)、『度量衡説統』(日本経済叢書所収)などがある。[船津 功]
『島谷良吉著『最上徳内』(1977/新装版・1989・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もがみ‐とくない【最上徳内】
江戸後期の探検家。出羽国最上楯岡(山形県村山市)の人。名は常矩、徳内は通称。本田利明に学び、天明五年(一七八五)に南千島を調査。後、しばしば蝦夷地の調査を行ない、その業績はシーボルトによって世界に紹介された。著書に「蝦夷草紙」がある。宝暦五~天保七年(一七五五‐一八三六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

最上徳内
もがみとくない
1755〜1836
江戸後期の北方探検家
羽前(山形県)楯岡の農家出身。江戸に出て本多利明に天文・測量などを学び,1785年利明にかわり幕府の蝦夷 (えぞ) 地探検に参加,択捉 (えとろふ) ・得 (うるつぷ) 島を調査した。'90年幕府普請役(隠密)となり,1808年まで9回蝦夷地に渡った。著書に『蝦夷草紙』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最上徳内」の用語解説はコトバンクが提供しています。

最上徳内の関連情報

関連キーワード

ニューカッスル公ネーミア怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)久留米藩大一揆土御門泰邦フレンチ・アンド・インディアン戦争メングスアメリカ合衆国史(年表)地色角ぐむ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation