@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

最上級【さいじょうきゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

最上級
さいじょうきゅう
superlative degree
文法用語。一般に,形容詞や副詞が語形替変して「最も~」の意味を表わすとき,その形をもとの形容詞 (副詞) の最上級という。たとえば,英語で big (大きい) に対して biggest (最大の) ,good (よい) に対して best (最良の) がそれぞれ最上級である。英語では2音節以上の形容詞の大部分が替変によらず,mostを前につけて「最も~」の意味を表わすが,それも最上級であるとする文法書が多い。なお,最上級が他の物との比較の概念を含まず単に「非常に~だ」の意味を表わすこともあるが,それを絶対最上級と呼ぶ。 (→比較級 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さいじょう‐きゅう〔サイジヤウキフ〕【最上級】
最も上の段階・等級。「最上級の賛辞をおくる」「最上級品」
ヨーロッパ諸語などの文法で、形容詞・副詞がとる語形変化の一。事物の性質・状態・度合いなどの程度が最も高いことを表すもの。例えば、英語のsmall(小さい)、good(よい)に対するsmallest(最も小さい)、best(最もよい)など。→原級比較級

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さいじょう‐きゅう サイジャウキフ【最上級】
〘名〙
① 最上の階級。程度や等級などがいちばん上であること。
※戯作三昧(1917)〈芥川龍之介〉三「さっき平吉が、最上級の語を使って八犬伝を褒めた時にも」
② 英語、ドイツ語、フランス語などにおいて、形容詞・副詞がとる形の一つ。比較の対象となる集団の中ではその性質がいちばん強い(あるいは弱い)、ということを表わす。もとの形(原級)とまったく違う語形(たとえば英語では good に対する best など)をとることもあるが、多くの場合、語尾(英語では-est)を付けたり、「最も多い」(あるいは「最も少ない」)という意味の語を直前においたりすることによって造られる。
※哲学階梯(1887)〈今井恒郎訳〉一「『関係』なる普通観念は、比較の上に関する。即ち比較の語、比較級、最上級、接続詞によりて表さるる所の凡ての概念を包括す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最上級」の用語解説はコトバンクが提供しています。

最上級の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation