@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

最中【もなか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

最中
もなか
和菓子の一種もち米粒でつくった薄いの間にあんをはさんだもの。江戸時代に考案されたといわれ,当時は中月と称していた。最中皮のつくり方はもち米を水で練り,蒸してから薄く伸ばし焼型にはさんで焼く。この皮にあんを入れ,もう1枚の最中皮の合せ目を濡れで湿らして合せる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さい‐ちゅう【最中】
[名]
動作・状態などが、いちばん盛んな状態にあるとき。進行中のとき。まっさかり。さなか。「今が暑い最中だ」「食事の最中
まんなか。
いちばん盛りの状態にある人。
「渡辺党の―なり」〈盛衰記・一四〉
[副]しきりに。
「三皿目のシチウを今三人で―食っている」〈虚子俳諧師

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さ‐なか【最中】
たけなわであるとき。さいちゅう。「最中」「忙しい最中

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

も‐なか【最中】
真っ盛り。さいちゅう。
「ころは夏の―、月影さやかなる夜であった」〈独歩・少年の悲哀
中央。まんなか。
「水の面に照る月波を数ふれば今宵ぞ秋の―なりける」〈拾遺・秋〉
《形を「最中の月」に模したところから》和菓子の一。糯米(もちごめ)の粉をこね、薄くのばして焼いた皮を2枚合わせ、中にあんを詰めたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

もなか【最中】
和菓子の一種。もち米の粉を蒸して薄くのばし、型を用いてさまざまな形に焼いた2枚の皮を合わせ、中にあんを詰めたもの。◇江戸時代後期、新吉原仲の町にあった和菓子店「竹村伊勢」で考案されたものとされる。「最中」は「真ん中」「真っ最中(さいちゅう)」ので、十五夜をいうこともあった。菓子は当初円形で、仲秋名月に見立てて「最中の月」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もなか【最中】
和菓子の一種。もち米の粉を水でこねて蒸し,について薄くのばし,型抜きして焼いたもなか種(だね)と呼ぶ皮を2枚用いて,その中にあんをはさんだもの。風来山人平賀源内の《根無草後編》(1769)に〈最中の月は竹村に仕出す〉とあるように,江戸新吉原の(くるわ)内にあった菓子屋竹村伊勢の創製になるもので,円形であったため十五夜の月になぞらえて,初めは〈最中の月〉と呼んだ。やがて〈最中〉とのみ通称されるようになったが,当初のものの実態は必ずしも明らかでなく,あんころ餅だとするもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

最中
もなか

和菓子の一種。最中の皮を煎餅種(せんべいだね)というように、元来は干菓子であったが、1805年(文化2)に江戸・吉原(よしわら)の竹村伊勢大掾(いせだいじょう)の職人が、煎餅種の半端(はんぱ)ものに使い残しの餡(あん)を入れて売り出したのがあたり、最中は餡を入れるのが普通となって半生(なま)菓子になった。最中の考案された経緯から、これを雑菓子とみて引菓子に用いるのを嫌う向きもあるが、現在は優れた最中が多くつくられている。最中の皮は糯米(もちごめ)の粉を水でこねて蒸し、薄くのしたものを丸く切って焼く。ぱりっとした皮の風味が身上(しんじょう)である。餡は小豆(あずき)の粒餡、こし餡のほか、うぐいす餡、白餡、ゆず餡、ごま餡、黒糖餡、ひき茶餡、栗(くり)餡もある。最中の姿は、『拾遺和歌集(しゅういわかしゅう)』に「池の面(も)に照る月なみをかぞふれば こよひぞ秋の最中なりける」(源順(したごう))とある陰暦十五夜の満月が天心にかかった形で、円月形が本来だが、いまは形、文様など種々になった。有名な最中には東京の塩瀬の袖(そで)ヶ浦、空也(くうや)最中、喜作(きさく)最中、秋色(しゅうしき)最中、石川県金沢の加賀さま、栃木県足利(あしかが)の古印(こいん)最中、三重県松阪の老伴(おいのとも)、富山県高岡の江出乃月(えでのつき)などがある。

[沢 史生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さい‐ちゅう【最中】
[1] 〘名〙
① まんなか。中央。中間。〔元和本下学集(1617)〕 〔月離暦指〕
② ものごとが最もたけなわであるとき。まっさかり。もなか。さなか。
※平家(13C前)一「八幡に百人の僧をこめて、信読の大般若を七日よませられける最中に」
③ 最も勢いの盛んなもの。その仲間のなかで、はぶりのよい者。
※源平盛衰記(14C前)一四「王城一の美男也、心剛に弓箭取ってよし、渡辺党の最中(サイチウ)也」
[2] 〘副〙 盛んに。しきりに。
※四座役者目録(1646‐53)上「観世方大鼓之次第〈略〉観世祐賢の代に、最中被打」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さ‐なか【最中】
〘名〙 もっともたけなわである時。最高潮である時。さいちゅう。
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「如何に怏々(くよくよ)してゐる那裏(サナカ)でも、決して学校を休むだことが無い」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

も‐なか【最中】
〘名〙
① 事物または事柄の中心。まんなか。中央。
※公忠集(986‐999)「いけみづのもなかに出でて遊ぶいをの数さへ見ゆる秋の夜の月」
② 物事のもっとも盛んなこと。また、そのとき。まっさかり。さいちゅう。〔匠材集(1597)〕
※少年の悲哀(1902)〈国木田独歩〉「ころは夏の最中(モナカ)、月影鮮(さ)やかなる夜であった」
③ 陰暦十五夜。また、その夜の月。〔伊京集(室町)〕
④ 和菓子の一つ。餠米で薄く丸く焼いた皮を二片合わせ、その中に餡(あん)を詰めたもの。形が円形で「最中の月」に似ているところからいう。今日では種々の形のものがある。最中饅頭。
※人情本・祝井風呂時雨傘(1838)七回「ハイ、此の箱が最中(モナカ)
⑤ 近世、大道で行なわれたいかさま博打(ばくち)
※歌舞伎・梅雨小袖昔八丈(髪結新三)(1873)二幕「仕事と知りつつ十両でも彼奴に金を取られるのは、最中(モナカ)でとられると同じことだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最中」の用語解説はコトバンクが提供しています。

最中の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation