@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

最後の人【さいごのひと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

最後の人
さいごのひと
Der Letzte Mann
ドイツ映画。ウーファ 1924年作品。監督フリードリッヒ・ウィルヘルム・ムルナウ。脚本カール・マイヤー。主演エミール・ヤニングス。主人公のホテルのドアマンは金モールの制服を誇りにして生きているが,老齢のため掃除夫にされてしまう。制服を失った彼は隣人たちから嘲笑され,絶望する。この作品は室内劇映画の頂点をなすもので,無字幕の無声映画だが,ムルナウはセットや照明の技術と,撮影者カール・フロイントのすぐれた移動撮影により,主人公の心理を克明に表現した。そして,最後にどんでん返しでハッピー・エンドにしてしまい,風刺をきかせている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

最後の人
さいごのひと
Der letzte Mann
ドイツ映画。1924年製作。フリードリヒ・ウィルヘルム・ムルナウ監督作。台詞(せりふ)や場面を説明する無声映画特有の中間字幕を基本的には使わず、限られた登場人物と場面で人間の内面を描こうとする「室内劇映画」の代表作。
 金モールのついた立派な制服で客を迎える高級ホテルの老ポーター(エミール・ヤニングス)は、高齢を理由に職を解かれ、洗面所の掃除人となる。仕事と制服に誇りを抱いていた老人が周囲の尊敬も失い、みすぼらしく余生を送るかに思われたそのとき、奇跡のような幸運に恵まれることになるのだった。
 絶望的転落からの取って付けたようなハッピーエンドは製作者の意向と伝えられるが、その場面の直前に本作で唯一の中間字幕が使われる。失職というできごとが周囲へ波紋を広げ、人物の感情と態度が変化してゆく様子を緻密(ちみつ)に描いたムルナウの演出と、「解き放たれたカメラ」とよばれたカール・フロイントKarl Freund(1890―1969)の自在な撮影は世界的評価を受け、やがて二人はハリウッドへ活動の場を移すことになる。[濱田尚孝]
『ジークフリート・クラカウアー著、平井正訳『カリガリからヒットラーまで』増補改訂版(1980・せりか書房)  ▽クルト・リース著、平井正他訳『ドイツ映画の偉大な時代――ただひとたびの』(1981・フィルムアート社) ▽クラウス・クライマイアー著、平田達治他訳『ウーファ物語――ある映画コンツェルンの歴史』(2005・鳥影社) ▽hrsg. von Gnter Dahlke und Gnter KarlDeutsche Spielfilme von den Anfngen bis 1933(1993, Henschel Verlag, Berlin)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最後の人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

最後の人の関連情報

関連キーワード

島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏山本嘉次郎ビダールビッチ内閣総理大臣

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation