@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

最後【サイゴ】

デジタル大辞泉

さい‐ご【最後】
物事のいちばんあと、または後ろ。いちばん終わり。最終。「最後の力を振り絞る」「列の最後に並ぶ」「最後最後まであきらめない」「学生生活の最後を飾る」⇔最初
(「…たら最後」「…が最後」の形で)それで終わりで、あとはどうにもならない意を表す。一度…したら、それっきり。「走りだしたら最後、止まらない」「食いついたが最後、離れない」
最期(さいご)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さいご【最後】
物事の一番おしまい。一番あと。最終。 ⇔ 最初 -の力をふりしぼる -まで頑張る -を飾る
(前に「…したら」「…したが」などの言い方を伴って)何かをしたらそれっきりであること。 行ったら-二度と戻って来られなくなる 見つけたが-逃がさない最期補説欄

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さい‐ご【最後】
〘名〙
① 物事のいちばん終わり。最終。終末。
※古事談(1212‐15頃)三「㝡後船無乗者
※平家(13C前)七「けふを最後、只今かぎりの別なれば、ゆくもとどまるも、たがゐに袖をぞぬらしける」 〔後漢書‐張禹伝〕
※今昔(1120頃か)三一「其の女㝡後(さいご)に法花経を読み奉て失にければ」
③ 空間的にいちばん後ろ。
※日本読本(1887)〈新保磐次〉四「小太郎は年最長じたれば、己れは最後の方に乗り、前に孫太郎を乗せ」
④ (それをしたらそれですべて終わりの意。「…が最後」「…たら最後」などの形で、仮定や事実を述べる句に付いて、次に述べる事態との区切りを強調する) 一旦…したら、それきり。…したらそれからは…。百年目。
※浮世草子・好色万金丹(1694)二「西口の質屋へもたしてやるが、置くとさいごに流れの身こそ悲しけれと」
※侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉鼻「我々の自己欺瞞は一たび恋愛に陥ったが最後、最も完全に行はれるのである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最後」の用語解説はコトバンクが提供しています。

最後の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation