@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

最高価格法【さいこうかかくほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

最高価格法
さいこうかかくほう
Maximum
フランス革命中の 1793年9月,貧民の生活安定のため必需品,賃金などの最高価格を設けた山岳派政府の経済統制法。穀物 (1793.5.) や燃料 (93.8.) の最高価格法はすでに公布されていたが,不完全で民衆困窮はさらにひどく,9月,砂糖,肉その他 39品目の公定価格,違反者に対する処罰などのほか,賃金の最高価格の公定,賃金要求の禁止,就労の強制などを含む一般最高価格法が制定された。しかしこれらは守られず,このため革命委員会は監視のための組織を設置し,強力な干渉を行い,経済面での恐怖政治が準備された。その後,賃金と物価矛盾が民衆を苦しめ,94年 12月 24日廃止された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さいこうかかくほう【最高価格法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

最高価格法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

最高価格法の関連情報

関連キーワード

フランス革命史(年表)フランス史(年表)ルイ17世ナポレオン1世マリ・アントアネットロベスピエール総合年表(アメリカ)国民公会ロラングロー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation