@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

最高法規【さいこうほうき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

最高法規
さいこうほうき
supreme law
1国の法体系のなかで,最も強い形式的効力をもつ法のこと。日本国憲法は,「最高法規」と題する第 10章のなかで,「この憲法は,国の最高法規であって,その条規に反する法律,命令詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は,その効力を有しない」 (98条1項) と定めているが,憲法が最高法規であるのは,成文の硬性憲法である以上当然のことである。アメリカ合衆国憲法には,連邦の憲法,法律および条約は国の最高法規であるとする規定 (6条2項) があるが,それは,要するに連邦の法がの法に優越することを明らかにするもので,日本国憲法のいう最高法規にはもとよりそのような趣旨はない。憲法の最高法規性は,裁判所のもつ違憲審査権 (日本国憲法 81) (→司法審査 ) によって具体的に保障されている。なお,最高法規である憲法が国際法といかなる関係にあるかについては,国内法優位説国際法優位説との対立がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さいこう‐ほうき〔サイカウハフキ〕【最高法規】
実定法頂点に立ち、最も強い形式的効力をもつ成文法日本国憲法は憲法を国の最高法規としている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さいこうほうき【最高法規】
その実質内容において国家作用の基礎をなす法をさしていう場合もあるが,普通は,国法の諸形式のなかで最高の効力をもち,それに違反する法規範は無効と考えられるようなものを最高法規という。そのような意味での最高法規の思想は,〈古き良き法〉の支配という中世封建社会の法観念のもとで,強固に形成された。そこでは,建前として,いかなる人間の意思をもってしても動かすことのできない古来伝統の規範秩序があると考えられ,立法は,法の創造でなく,既存の法の発見であるとみなされていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

最高法規
さいこうほうき
supreme law

実定法の頂点に位置し、もっとも強い形式的効力をもつ成文法の意味で、一般に憲法をさす。その思想的源流は、イギリスにおける「法の優位」の思想と不可分のものとして、専制的な政治権力を制約する高次の法の観念として成立し、この思想はアメリカ合衆国憲法第6条2項に具体化された。これが日本国憲法第10章に継受された。日本国憲法第98条1項は「この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない」と定めている。アメリカ合衆国憲法の場合は、それが定める連邦憲法、連邦法律、条約の最高法規性は、主として各州憲法や法律に優先することを意味するので、連邦でない日本の場合とは異なる。ところで日本の憲法について、それが最高法規であることは理の当然で、あえて明文の規定を必要としない、したがって不必要の規定である、とする見解もあるが、日本の民主主義の成熟度は、この規定を不必要とするまで確立しているとはいいがたく、そこにこの規定の存在価値があるといえる。この憲法の最高法規性を保障する制度として違憲立法審査権がある。

[池田政章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さいこう‐ほうき サイカウハフキ【最高法規】
〘名〙 実定法体系の頂点にあり、他のすべての法令に優先する形式的効力をもつ成文法。一般に憲法をいう。
※日本国憲法(1946)九八条「この憲法は、国の最高法規であって、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最高法規」の用語解説はコトバンクが提供しています。

最高法規の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation