@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

月と鼈【ツキトスッポン】

デジタル大辞泉

月(つき)と鼈(すっぽん)
月もスッポンも同じように丸いが、比較にならないほどその違いは大きいこと。二つのものがひどく違っていることのたとえ。提灯(ちょうちん)に釣鐘

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

つきとすっぽん【月と鼈】
二つの物の違いが比較にならないほど大きいことのたとえ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つき【月】=と[=に]鼈(すっぽん)
(月もスッポンも丸いという点では似ているが実は非常な違いがあるとの意から) 二つのものがはなはだしくかけへだたっていることのたとえ。
※浄瑠璃・蘆屋道満大内鑑(1734)三「お月(つキ)様と泥亀(スッポン)ほどちがふた」
[補注]一説に、「すっぽん」は「素盆(すぼん)」の誤ったものという。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ことわざを知る辞典

月と鼈
二つのものの隔たりが大きすぎて、比べにならないことのたとえ。また、釣り合いがとれないことのたとえ。

[使用例] 「あのひとなら大変な美人で、君なんかとは月と鼈ほどの違いで、不つりあいも甚しいじゃないか」とかなんとか誰かが申しましたので、「そんなことをいうんなら絶対にもらわない」とそれきり縁談をお流れにさしたとも伝えられております[夏目鏡子*漱石の思ひ出|1928]

[使用例] 「いや、やめておくんなはれ、恥かくのん、決まってますがな」「弱気やな。ニカちゃんらしゅうないで。ああいうおなは、嫌いか」「とんでもない。わいにはもったいないと思いまんねん。月とスッポン、ちょうちんに釣り鐘。話になりまへんがな」[難波利三*てんのじ村|1984]

[解説] とスッポンは、しいていえばまるいという共通性があるにしても、月は天にあって清らかで美しく、スッポンは泥の中をいずりまわり、食らいついたら放さないとされ、両者のイメージはまさに天と地の開きがあります。また、音韻の上でも、「つき」は格調高く、「すっぽん」には滑稽な響きが感じられます。
 ことわざは、話題となっている二つのものについて、極端な例を引いて、同列に論じられないことや、とうてい釣り合いがとれないことを強調しています。典型的には、縁談を辞退するときに、「提灯と釣り鐘」とともに用いられることが多かったといえるでしょう。縁談以外のもの(主として人物や家柄など)の対比に使えますが、先方を月に見立てて敬意をはらい、自分や身内のことをスッポンに見立てて謙遜し卑下していうのが基本です。
 なお、ことわざの由来については、あまりに突飛な組み合わせなので、「月と朱盆(または素盆)」が転訛したとする説もあります。

出典:ことわざを知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

月と鼈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

月と鼈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation