@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

月日【ガッピ】

デジタル大辞泉

がっ‐ぴ〔グワツ‐〕【月日】
日付としての、と日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つき‐ひ【月日】
過ぎていく時間。時日。としつき。「月日が経つ」「あれから五年の月日が流れた」
暦のうえの月と日。がっぴ。
月と太陽。じつげつ。
「天(あめ)なるや―のごとく我(あ)が思へる君が日に異(け)に老ゆらく惜しも」〈・三二四六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

がっぴ【月日】
日付の月と日。 生年-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つきひ【月日】
月と太陽。日月。
時間。時日。光陰。 -の経つのは早いものだ
毎日の生活。 希望のない-を送る
[句項目] 月日に関守なし

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がっ‐ぴ グヮッ‥【月日】
〘名〙 暦の上での月と日。つきひ。
※俳諧・三冊子(1702)白双紙「序跋ともに年号月日を書」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つき‐ひ【月日】
〘名〙
① 月と太陽。日月(ひつき・にちげつ)
※万葉(8C後)一三・三二四六「天なるや月日(つきひ)の如く吾が思へる君が日にけに老ゆらく惜しも」
② 暦の上の月と日。時日。歳月。光陰。
※万葉(8C後)四・五一〇「白栲の袖解きかへて還り来む月日(つきひ)を数(よ)みて行きて来ましを」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)旅立「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」
③ 毎日の生活。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「ことのさまをかたりて、月日のさまなどくはしくいふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つく‐ひ【月日】
〘名〙 「つきひ(月日)」の上代東国方言。
※万葉(8C後)二〇・四三七八「都久比(ツクヒ)夜は過ぐは行けども母父(あもしし)が玉の姿は忘れ為(せ)なふも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

月日」の用語解説はコトバンクが提供しています。

月日の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation