@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

月曜物語【げつようものがたり】

日本大百科全書(ニッポニカ)

月曜物語
げつようものがたり
Contes du Lundi
フランスの作家アルフォンス・ドーデの短編集。1871~73年、毎週月曜日のパリの新聞『レベェヌマン』および『ル・ソワール』紙上発表のコント31編を集めたもの。1873年刊。78年さらに多くの短編が追加され、現在では、第1部「幻想物語」(26編)、第2部「空想追憶」(15編)の形で刊行されている。プロイセン・フランス戦争、パリ・コミューンに題材を得た作が多い。なかでもプロイセンに割譲され、フランス語を禁じられたアルザス地方の挿話『最後の授業La Dernire classeは、戦争に敗れたフランス国民の愛国心に広く訴えたといわれる。[宮原 信]
『桜田佐訳『月曜物語』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げつようものがたり〔ゲツエウものがたり〕【月曜物語】
原題、〈フランス〉Contes du lundiドーデ短編小説集。1873年刊。1871年から1873年にかけて、月曜刊行の新聞レベヌマンなどに発表された短編小説を集めたもの。「最後の授業」が有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げつようものがたり ゲツエウ‥【月曜物語】
(原題Contes du lundi) 短編集。ドーデ作。一八七三年刊。「幻想と物語」「空想と追憶」の二部から成り、「最後の授業」「法王は死んだ」などの短編四一を収める。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

月曜物語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

月曜物語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation