@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

月長石【ゲッチョウセキ】

デジタル大辞泉

げっ‐ちょうせき〔‐チヤウセキ〕【月長石】
長石の一。乳白色、半透明で、カットされた曲面から青色の閃光(せんこう)を放つもの。宝石として利用。ムーンストーン
[補説]書名別項。→月長石

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げっちょうせき【月長石】[書名]
原題The Moonstoneコリンズによる推理小説。1868年刊。T=S=エリオットが「最初にして最長、最良の現代英国探偵小説」と絶賛した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

月長石
英国ヴィクトリア時代の作家ウィルキー・コリンズの代表作(1868)。原題《The Moonstone: A Romance》。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げっちょうせき【月長石】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

月長石
げっちょうせき
The Moonstone

イギリスのビクトリア朝の作家、W・W・コリンズの長編小説。1868年刊。インドから持ち帰ったバラモン教徒の秘宝、月長石とよばれる巨大なダイヤモンドが、ベリンダー嬢に遺贈されるが、その夜のうちに紛失する。彼女を恋する2人の従兄(いとこ)ブレイク氏とエイブルホワイト氏、薄幸の女中ロザンナ、秘宝奪還をねらうインド人らが主要登場人物。『ロビンソン・クルーソー』を人生の指針とする老執事ベタリッジを含む、数人の登場人物によって物語が語られる趣向。カッフ部長刑事はシャーロック・ホームズにつながる名探偵の原型。緊密な構成と謎(なぞ)解きのおもしろさは「イギリスの最初にして最大の推理小説」とT・S・エリオットが評価している。

[佐野 晃]

『中村能三訳『月長石』(創元推理文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げっ‐ちょうせき ‥チャウセキ【月長石】
〘名〙 氷長石、曹長石のうち、乳白色の真珠光沢をもつ表面から青い閃光を放つものをいう。装飾用の半宝石。ムーンストーン。〔鉱物字彙(1890)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

月長石
げっちょうせき
ムーンストーン」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

月長石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

月長石の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation