@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

有価証券報告書【ゆうかしょうけんほうこくしょ】

知恵蔵

有価証券報告書
証券取引法第24条に基づき、上場会社など有価証券発行者である会社が、事業年度終了後3カ月以内に、会社の目的役員、営業及び経理等の状況及び事業の内容に関する重要事項を記載して内閣総理大臣に提出する書類。1年決算の会社は事業年度中間で半期報告書を提出する。これらは公認会計士または監査法人の監査証明を要し、仮に虚偽及び不実の記載がある場合、一定の制裁が科される。近年は、西武鉄道カネボウなどの粉飾決算虚偽記載などの事件が続き、有価証券報告書の信頼性が問われている。東京証券取引所は2005年1月から、上場会社に有価証券の発行者の代表者が、報告書の内容に関して、不実の記載がないと認識している及びその理由を記載した書面(有価証券報告書等の適正性に関する確認書)、及び有価証券の発行者の代表者が投資者への会社情報の適時適切な提供について真摯な姿勢で臨む旨を宣誓した書面(適時開示に係る宣誓書)の提出を求め、信頼の回復に努めている。
(小山明宏 学習院大学教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

ゆうかしょうけん‐ほうこくしょ〔イウカシヨウケン‐〕【有価証券報告書】
有価証券を発行している企業が自社の情報を開示するために作成する報告書。金融商品取引法により作成・提出が義務づけられている。有価証券の公正な取引や投資家保護を目的とするもので、事業年度終了後3か月以内に金融庁に提出する。企業の概要・事業の状況・株式の状況・財務諸表などが記載されている。有報

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典

有価証券報告書
株式を証券取引所に上場した会社、および有価証券届出書を提出した会社は、各事業年度終了後3カ月以内に、内閣総理大臣に提出を義務づけられている。その書類のことを有価証券報告書という。

出典:株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント

投資信託の用語集

有価証券報告書

有価証券を発行した後、その後の有価証券の状況を知らせるための報告書のこと。財務局に届け出なければならない。

出典:(社)投資信託協会

M&A用語集

有価証券報告書
株式を公開している会社等が、事業年度ごとに、その事業年度の終了後3ヶ月以内に提出を義務付けられている書類。投資家が投資を行う際に十分投資判断ができるように、事業の状況、財務状態、経営成績などの財務諸表を記載したものが公表される。

出典:株式会社ストライク
Copyright(c) Strike Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆうかしょうけんほうこくしょ【有価証券報告書】
証券取引所に上場され,または証券業協会に登録されている有価証券の発行会社と,募集・売出しを行って有価証券届出書を提出した会社が,事業年度ごと(事業年度経過後3ヵ月以内)に大蔵大臣に提出しなければならない会社内容に関する報告書(証券取引法24条)。有価証券報告書は,大蔵省,会社の本店および主要な支店,証券取引所または証券業協会に備え置かれて,公衆縦覧に供せられる(25条)。これは,有価証券の発行会社の内容を継続的に開示させて,当該有価証券の公正円滑な流通を維持し投資者を保護することを目的とするものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゆうかしょうけんほうこくしょ【有価証券報告書】
株式上場企業などが、投資者保護のため事業内容等について記載し、事業年度ごとに内閣総理大臣に提出する報告書。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

有価証券報告書
ゆうかしょうけんほうこくしょ
annual securities report
有価証券の発行者が事業年度経過後 3ヵ月以内に 3通作成して内閣総理大臣に提出すべき報告書。提出を義務づけられているのは,(1) 金融商品取引所に上場されている有価証券の発行者,(2) 流通状況が (1)の上場証券に準じるものとして内閣府令で定める有価証券(現実には店頭売買登録銘柄)の発行者,(3) 有価証券届出書を提出した有価証券の発行者。報告事項は,有価証券発行者の事業・資産内容に重点がおかれ,特に財務諸表については,財務諸表規則に準拠して作成されたあと監査人(監査法人または公認会計士)による監査が必要。また添付書類として,定款,営業報告書,重要な子会社の貸借対照表,損益計算書などが必要である。有価証券報告書,添付書類および訂正報告書は,受理された日から 5年間内閣府に備えられ,その写しは提出会社の本店,主要支店に,さらに上場会社は上場金融商品取引所,店頭売買登録会社は登録証券業協会に備えられ,公衆の縦覧に供される。有価証券報告書制度は,投資家保護を目的として証券取引法で規定され, 2006年に金融商品取引法に引き継がれた。金融商品取引法では,有価証券報告書に記載された内容が適正であることを経営者みずからが確認したこと示す確認書の添付を義務づけた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

有価証券報告書
ゆうかしょうけんほうこくしょ
annual securities report
上場会社などが、毎事業年度ごとに提出する会社や事業の概況などの投資情報を記載した報告書。略して有報ともいう。証券取引所に上場している会社、1億円以上の有価証券を発行している会社などは、金融商品取引法に基づき、投資家の保護のため会社の概況、事業の概況、営業の状況、設備の状況、経理の状況などを記載した報告書を事業年度の終了後3か月以内に内閣総理大臣に提出することが義務づけられている(金融商品取引法24条)。経理の状況に含まれる財務諸表には、公認会計士または監査法人による監査報告書が添付される(金融商品取引法193条の2第1項)。
 この有価証券報告書は、金融庁のホームページに掲載されているEDINET(エディネット)(「金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム」)により、インターネット上での閲覧が可能となっている。[中村義人]
『あずさ監査法人編『会社情報の宝庫有価証券報告書の見方・読み方』第8版(2011・清文社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有価証券報告書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

有価証券報告書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation