@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

有効需要【ゆうこうじゅよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

有効需要
ゆうこうじゅよう
effective demand
財やサービスに対する実際の貨幣的支出を伴って現実に市場に現れる需要のこと。単なる欲求ではなく,一商品一産業に対しても適用可能な概念であるが,J.M.ケインズの『雇用・利子および貨幣の一般理論』の出現以後は,この用語はもっぱら社会全体の需要の総計という意味で用いられている。国民経済全体の有効需要は,大別して個人や政府消費支出,企業や個人あるいは政府の資本形成,および外国へのやサービスの輸出の3つから成る。有効需要に対し,なんらかの理由によって実際に貨幣的支出とならないでいる需要を潜在需要という。有効需要の概念はケインズ経済学の中心的理論の一つである有効需要の原理根底となる概念である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

有効需要
現実に存在する財に対する需要。具体的には、消費需要、投資需要、政府支出、純輸出からなる。ケインズは、この有効需要の大きさこそが一国経済全体の生産量や雇用量を決定する、と考えた。これを有効需要の原理という。このことは一見自明なことのように見えるが、実は新古典派経済学は、これとは全く逆に、一国経済全体の生産量こそが有効需要の大きさを決定する、と考える。このような違いを生み出すのは、両者利子に対する考え方の相違による。新古典派経済学は、利子は経済全体の貯蓄と投資が等しくなるように決定される、と考える。供給側の条件の変化(例えば貯蓄の増大)は、利子率低下をもたらし、それと同じだけの投資を発生させることになる。すなわち供給はそれ自ら需要を作り出す。一方、ケインズ経済学は、利子は貨幣に対する需要と供給が等しくなるように決定される、と考える。そのため貯蓄の増大が、利子率の低下やそれと同じだけの投資を発生させることはない。すなわち供給は、それ自ら需要を作り出すことができないことになる。
(荒川章義 九州大学助教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

ゆうこう‐じゅよう〔イウカウジユエウ〕【有効需要】
実際の貨幣支出に裏づけられた需要。ケインズの所得分析の基礎となる重要概念。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆうこうじゅよう【有効需要】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゆうこうじゅよう【有効需要】
貨幣的支出の裏づけのある需要。一般には消費・投資・政府支出などの総額によって表される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆうこう‐じゅよう イウカウジュエウ【有効需要】
〘名〙 人間の欲望のうち金銭的支出をともなうもの。経済学者ケインズが、経済活動の水準は、有効需要によって決まるとした。〔戦後日本のインフレーション(1949)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有効需要」の用語解説はコトバンクが提供しています。

有効需要の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation