@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

有度浜【うどはま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

有度浜
うどはま
静岡県中部,静岡市南部の有度山南麓(→久能山)に広がる駿河区から清水区にまたがる断崖下にあり,かつては地引網漁業や製塩が盛んに行なわれたが,現在は石垣いちごの栽培で観光客を集めている。石垣いちごは初め玉石で数十段の石垣をつくっていたが,1920年頃からコンクリート板に変わり,栽培が急速に普及した。ビニルハウスと石油暖房による促成栽培が普及する以前は,11月末から翌年 4月にかけて収穫される「早出しいちご」として全国的に知られた。海岸には砂浜東西に延びて,いちごライン(国道150号線)が通るが,沿岸流の関係で海水浴場には不適

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うど‐はま【有度浜】
静岡市有土山南麓の海岸。[歌枕
「年ふれば駿河なるてふ―のうとくのみなどなりまさるらむ」〈古今六帖・二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うどはま【有度浜】
静岡市、久能山の東麓とうろく、美保松原から南西に延びる海浜。歌枕 年ふれば駿河なるてふ-のうとくのみなどなりまさるらむ/古今六帖 2 多く、うとしを導く序詞として詠まれた

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

有度浜
うどはま
静岡市の駿河(するが)湾に面する海岸。有度山の南麓(なんろく)に沿って延びる。久能山(くのうざん)から三保松原(みほのまつばら)に至る海岸をさすこともあり、宇度浜とも書かれた。かつて製塩もみられたが、現在は石垣イチゴの産地である。海浜の後退が著しく、高潮時には海岸侵食の被害の発生することもある。[北川光雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うど‐はま【有度浜】
静岡市南部、駿河区と清水区にまたがる有度山(久能山)の南すその海岸。久能山縁起によれば、稲川太夫が浜の松の下の天人の舞を見て、子孫に伝えたという。宇度浜。宇土浜。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有度浜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

有度浜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation