@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

有数【ユウスウ】

デジタル大辞泉

ゆう‐すう〔イウ‐〕【有数】
[名・形動]取り上げて数えるほどにおもだって有名であること。また、そのさま。屈指。「日本で有数な(の)植物園」「世界有数画家

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あり‐かず【有数】
〘名〙 人や物事の存在する数。また、生きる年数。
※古今(905‐914)賀・三四四「わたつうみのはまのまさごをかぞへつつ君がちとせのありかずにせん〈よみ人しらず〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆう‐すう イウ‥【有数】
〘名〙 (形動) とりたてて数えあげるほど、おもだっていること。指を折って数えられるほど少数ですぐれていること。また、そのさま。屈指(くっし)
※仰臥漫録(1901‐02)〈正岡子規〉一「大きな盛んな句のやうに思ふたので今日迄古今有数の句とばかり信じて居た」 〔漢学師承記‐汪中〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

有数の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation