@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

有機JAS認証制度【ゆうきじゃすにんしょうせいど】

知恵蔵

有機JAS認証制度
「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)」に基づく有機食品の認証制度有機農産物有機加工食品などの生産方法についての基準を定め、この基準を満たすものだけを「有機」と表示できるようにしたもので、農林水産省の登録認定機関が認証する。認証された有機食品には、有機JASマークが付けられる。
制度の背景には、表示の規制がないまま「有機」とうたわれた商品が数多く流通し、消費の商品選択に支障が生じるようになっていたことがある。1992年にはガイドラインが制定されたが、罰則規定もなく限界があったことから、99年のJAS法改正により認証制度が導入されることになった。まず、2000年に有機農産物と有機加工食品のJAS規格が定められ、05年には、新たに有機畜産物と有機飼料のJAS規格が制定された。これらのJAS規格は、グローバルスタンダードであるコーデックス委員会のガイドラインに準拠している。
有機農産物のJAS規格は、使用する圃場(ほじょう)や種苗のほか、肥培管理や有害動植物の防除、収穫後の選別・貯蔵・包装など様々な工程の管理に関して基準を定めている。遺伝子組み換えの種苗を使わないこと、堆肥(たいひ)などによる土づくりを行い、播種・植え付け前2年(多年生作物の場合は3年)以上と栽培期間中に原則として化学肥料や農薬を使用しないことなどが、主な基準となっている。
(原田英美  ライター / 2013年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

農林水産関係用語集

有機JAS認証制度
有機JAS認証制度とは、農林水産大臣に登録した第三者機関(登録認定機関)が、有機農産物等の生産行程管理者(農家農業生産法人等)や製造業者を認定し、認定を受けた者が、有機農産物や有機加工食品について、有機JAS規格に適合しているかどうかを格付けし、その結果、適合していると判断されたものに有機JASマークを付し、「有機」の表示ができる制度。

出典:農林水産省

有機JAS認証制度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

有機JAS認証制度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation