@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

有無に【うむに】

大辞林 第三版

うむに【有無に】
事情のいかんに関係なく。どうあっても。何が何でも。 -暇をお呉りやれ/狂言・箕被
まったく。すっかり。 謀臣は-酔へり/謡曲・咸陽宮

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うむ‐に【有無に】
〘副〙
① 有無を言わせず。むりやりに。ぜひとも。
※虎明本狂言・麻生(室町末‐近世初)「御きげんがよう御ざあらふほどに有無に御出仕なされてようござあらふ」
② まるっきり。全く。
※波形本狂言・岩橋(室町末‐近世初)「此中も色々たらしつすかしつ申せども有無(ウム)に衣をとらぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有無に」の用語解説はコトバンクが提供しています。

有無にの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation