@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

有珠山【うすざん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

有珠山
うすざん
北海道南西部,洞爺湖の南岸にある二重式火山(→複式火山)。活火山で,常時観測火山伊達市壮瞥町洞爺湖町の境に位置する。標高 733m。輝石安山岩の火山砕屑物からなる。火山体頂部のカルデラ(直径約 3km)内に,大有珠(733m),小有珠(557m),オガリ山,有珠新山の 4中央火口丘がある。寛文3(1663)年から今日までに数回の噴火が記録され,1910年の噴火では,洞爺湖畔の山麓部に 45ヵ所のすり鉢形火口のほか,臼状の砕屑丘(ホマーテ)が形成された。1944年には東麓寄生火山昭和新山(398m)が出現。その後,沈静期を経たのち,1977年8月7日突然爆発を起こし,約 1億m3火山灰を噴出,洞爺湖周辺の農地,林地,洞爺湖温泉壮瞥温泉の両集落に多大な損害を与え,降灰区域は北海道の約半分に及んだ。気象庁はこの噴火を「1977年有珠山噴火」と命名。さらに 2000年3月31日からの噴火では,有珠山の西に位置する西山と金比羅山の西側に 65個の火口が形成され,2000年5月以降終息に向かうまで洞爺湖温泉を中心に虻田町(今日の洞爺湖町),壮瞥町,伊達市が損害を被った。1949年支笏洞爺国立公園区域に指定

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

有珠山
北海道の洞爺湖に隣接する活火山。2000年3月末から数カ月にわたって、活発な噴火活動があった。噴火は3月31日に北西山麓の西山で、翌日にはそこから北東に1km離れた金毘羅山で始まり、いずれも高さ3000m以上の噴煙を上げた。噴出物は、新しいマグマの破砕物と、古い岩石の破片が半々だった。2つの領域は、その数日後から多数の小火口を造って熱水水蒸気を出し、間欠的に泥混じりの噴煙のジェットを上げた。火口周辺の地面には、60mに達する隆起が生じた。噴火の4日前から、有感地震を含む多数の火山性地震が北西山麓の地下で発生し、それに基づいて火山噴火予知連絡会は噴火の可能性を事前に警告し、周辺の住民1万人余りが避難した。その後、活動低下の見通しに従って、避難地域は段階的に縮小された。これ以前では、1663年に始まる7回の噴火がある。うち5回は初期に山頂マグマ爆発を起こした。特に1822年の噴火では火砕流が全方位に出て、内浦湾に隣接する当時の虻田(あぶた)集落が全滅した。2回の山麓噴火は、水蒸気爆発の後に、1910年には明治新山を、43〜45年には昭和新山を生み出した。
(井田喜明 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

有珠山
洞爺湖の南に位置する活火山。7千~8千年前の山体崩壊後、長く活動を休止したが、1663年(寛文噴火)に活動を再開。17世紀末(詳細不明、先明和噴火)▽1769年(明和噴火)▽1822年(文政噴火)▽1853年(嘉永噴火)と続き、1910~2000年の4回を含め、有史以来9回噴火している(有珠山地域防災ガイドブックから)。1910年まで30~50年周期だった噴火が、その後は20~30年周期に狭まっている。00年噴火は3月31日午後1時7分、有珠山の西山のふもとで始まり、翌4月1日には洞爺湖温泉街に近い金比羅山のふもとでも噴火した。
(2010-03-30 朝日新聞 朝刊 1道)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

うす‐ざん【有珠山】
北海道南西部、内浦湾に面する二重式活火山。最高峰の大有珠は標高733メートル。洞爺(とうや)カルデラ外輪山上にできたもので、明治新山・昭和新山などの寄生火山があり、昭和52年(1977)の大噴火で有珠新山ができた。平成12年(2000)にも噴火。有珠岳

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うすざん【有珠山】
北海道南西部,洞爺湖の南に位置する活火山。有珠岳ともいう。山体は東西・南北とも約8km,伊達(だて)市,虻田(あぶた)町,壮瞥町にまたがる。二重式火山で山頂部に直径1.8km,標高約500mの外輪山をもち,火口原に小有珠,大有珠(741m)の溶岩円頂丘およびオガリ山,有珠新山(653m)の潜在円頂丘のほか銀沼とよばれる小沼がある。また,北麓にはコンピラ山,西丸山,明治新山,東丸山などの潜在円頂丘があり,東麓には昭和新山の溶岩円頂丘がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うすざん【有珠山】
北海道南西部、洞爺とうや湖の南にある二重式活火山。大有珠は海抜732メートル。1977年(昭和52)噴火、有珠新山をつくる。北麓ほくろくに明治新山、東麓に昭和新山などがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

有珠山
うすざん
北海道南西部、内浦湾(噴火湾)に面し、東日本火山帯に属する活火山。有珠岳ともいう。約11万年前に大規模な火砕流噴火によって、カルデラ(現在の洞爺湖(とうやこ))が形成され、約2万年前から断続的に火山活動がおきカルデラの南側に有珠火山が生じた。有珠山は玄武岩、安山岩の成層火山で、山頂部に小カルデラ(直径約1.5キロメートル)をもつ。最高峰(737メートル)の大有珠(1853年誕生)と小有珠(1769年誕生)の両潜在円頂丘(潜在ドーム)はデイサイトであり、寄生火山である昭和新山(398メートル)は1943~1945年に誕生したデイサイトの潜在ドームの一部が地表に顔を出したものである。さらに大有珠、小有珠の中間の有珠新山(1977~1978年誕生)、北側山腹の明治新山(1910年誕生。別名四十三山(よそみやま))など、多くの潜在ドームがある。1663年(寛文3)や1822年(文政5)の噴火では火砕流などで犠牲者を出す噴火がおこっている。
 2000年(平成12)3月末から4月にかけて有珠山の西山西麓(せいろく)と洞爺湖温泉街のすぐ裏でマグマ水蒸気爆発が発生し、西山西麓火口群と金毘羅山(こんぴらさん)火口群が出現した。噴火活動は同年8月ごろまで続いた。西山西麓火口群の直下にマグマが貫入し、新山が形成された。噴火は前兆地震や地殻変動によって的確に予測され、住民避難がうまく行われた。過去400年の有珠山の噴火のなかでは比較的規模の小さいものであった。噴火に関連し、強い火山性地震が続発し、顕著な地殻変動がみられるのが特徴。札幌管区気象台火山監視・情報センターが常時火山観測中である。北海道大学の有珠火山観測所がある。支笏(しこつ)洞爺国立公園に属し、温泉、勝景に恵まれている。洞爺湖・有珠山地域は、2009年に「洞爺湖有珠山ジオパーク」として世界ジオパークに認定された。[諏訪 彰・中田節也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

有珠山
(北海道有珠郡壮瞥町)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産」指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うす‐ざん【有珠山】
北海道南西部、洞爺湖の南にある活火山。二重式の火山で山頂の火口に大有珠、小有珠の溶岩円頂丘がある。明治新山、昭和新山などの寄生火山をもつ。昭和五二年(一九七七)の火山活動により、有珠新山が出現した。平成一二年(二〇〇〇)にも大噴火を起こした。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有珠山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

有珠山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation