@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

有田の太刀魚【ありだのたちうお】

事典 日本の地域ブランド・名産品

有田の太刀魚[水産]
ありだのたちうお
近畿地方、和歌山県の地域ブランド。
紀伊水道を漁場とした有田市の沖合いで小型底びき網漁船により漁獲される。有田太刀魚は塩焼きや煮付けなどで食べられるが、体表を覆う新鮮な銀色のグアニン層はマニキュア原料に使われる。春になると外海から内海に入り産卵、冬になると再び外海にでて越冬する。昼間は水深50m〜100mの砂泥底に生息し、日没から夜明けに浮上して小魚を食べる。有田市は日本一の太刀魚漁獲量を誇る。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有田の太刀魚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

有田の太刀魚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation