@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

有田焼

朝日新聞掲載「キーワード」

有田焼
現在の佐賀県有田町周辺でかれた国内最古の磁器。1616年、豊臣秀吉朝鮮出兵を機に連れてこられた朝鮮人陶工のひとり李参平が、磁器の材料となる陶石を有田泉山で発見したことが始まりと伝わる。伊万里港から運ばれたので伊万里焼とも呼ばれた。 素朴なおおらかさが魅力の初期伊万里の染付(そめつけ)、濃厚かつ大胆な初期色絵、さわやかな柿右衛門豪華絢爛(けんらん)な金襴手(きんらんで)、佐賀藩が献上用に採算を度外視して磨き上げた鍋島など、多様なバリエーションを見せた。
(2016-08-09 朝日新聞 朝刊 福岡全県・2地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ありた‐やき【有田焼】
佐賀県有田地方産の磁器。元和2年(1616)朝鮮からの渡来人李参平創始。伊万里から出荷したので、伊万里焼ともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ありたやき【有田焼】
佐賀県西松浦郡有田町を中心とする地域で,江戸時代の初めから焼きつづけられている磁器。江戸時代を通じて,伊万里港から諸国へ積み出されたので,一般に伊万里焼として知られている。有田焼は初期伊万里染付,古伊万里,柿右衛門,幕末伊万里染付などと分類し称せられているが,この区別は明確なものではなく,様式変遷を大まかにとらえているにすぎない。 江戸時代初頭,有田における磁器の創始は,日本陶磁史上画期的な出来事であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ありた‐やき【有田焼】
〘名〙 佐賀県有田地方から産出する磁器。朝鮮からの帰化人、李参平が泉山の土で焼き始めた。染め付け、赤絵の日用食器が多い。伊万里港から積み出したので伊万里焼ともいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

有田焼
ありたやき
肥前(佐賀県)有田地方で生産される磁器
文禄・慶長の役後,連行された朝鮮人陶工が始めた。酒井田柿右衛門の赤絵付の成功,藩主鍋島氏の保護で,江戸時代窯業の中心となった。伊万里 (いまり) 港からで積み出されたので伊万里焼ともいう。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

有田焼
ありたやき
伊万里焼」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

有田焼
ありたやき

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有田焼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

有田焼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation