@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

有田町【ありた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

有田〔町〕
ありた
佐賀県西端部,丘陵性の山地に囲まれた有田川中・上流域の町。西と南で長崎県に接する。 1889年町制。 1954年東有田町,2006年西有田町と合体。中心集落の有田は伊万里焼の産地として全国的に有名。文禄・慶長の役に従軍した佐賀藩主鍋島直茂が多数の朝鮮陶工を伴い帰国。そのうちの一人李参平が元和2 (1616) 年,有田の泉山に良質の白磁鉱を発見して磁器焼成を始めたと伝えられる。以後有田が肥前窯業の中心地となった。寛永 20 (1643) 年酒井田柿右衛門 (柿右衛門〈1世〉 ) が赤絵の焼成に成功,伊万里焼に新生面を開いた。近代以降工業用磁器を含む窯業関係の大工場が立地し,毎年4月 29日~5月5日の陶器市は客でにぎわう。県の窯業試験場,有田陶磁美術館があり,1980年に県立九州陶磁文化館が開館した。創業期の窯跡が多く,国指定史跡の柿右衛門窯跡,肥前磁器窯跡 (→天狗谷古窯址 ) がある。陶磁器で知られるドイツのマイセンと姉妹都市。泉山の弁財天社境内の大イチョウは国の天然記念物。有田内山地区には江戸から昭和の各時代の代表的町屋が並び,国の重要伝統的建造物群保存地区に選定。東部黒髪山一帯は黒髪山県立自然公園に属する。 JR佐世保線,松浦鉄道,国道 35号線,202号線,498号線が通じる。面積 65.85km2。人口 2万148(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ありた‐ちょう〔‐チヤウ〕【有田町】
有田

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有田町」の用語解説はコトバンクが提供しています。

有田町の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation