@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

有職模様【ゆうそくもよう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

有職模様
ゆうそくもよう

平安時代以後、公家(くげ)や女房などの装束、あるいは調度に用いられた模様。元来、公家の服装様式が織物中心であったため、大半は規則正しい繰り返し模様である。家格、伝統、位階、年齢などによって、たとえば天皇御料には桐竹鳳凰(きりたけほうおう)、皇太子の料には鴛鴦(おしどり)の丸、関白は雲立涌(くもたてわく)、太閤(たいこう)は雲鶴(うんかく)、四位以上の通用料は輪無唐草(わなしからくさ)など、使用する模様が定められていた。

 有職模様には、元来その起源が中国や西域(せいいき)諸国など大陸に求められるものと、鎌倉時代以後日本で考案されたものとがある。ただし、大陸に起源をもつ模様のうちでも、強く厳しいもの、緻密(ちみつ)なものは避けられ、日本人の好みにあったものが残され、モチーフが親しみのあるものに置き換えられたものが多い。

 大陸に起源をもつ模様としては、唐草文、窠文(かもん)、浮線綾(ふせんりょう)、蛮絵(ばんえ)、亀甲(きっこう)、菱文(ひしもん)など、鎌倉時代以後日本で考案された模様として、撫子(なでしこ)の丸、松松、菊折枝(きくおりえだ)などがあげられる。窠文、浮線綾は、正倉院裂(ぎれ)に多くみられる、花環(はなわ)を同心円状に積み重ねた唐花文から発したもので、蛮絵、双鳥文(そうちょうもん)などとともに、鳥襷(とりだすき)、竜胆襷(りんどうだすき)、臥蝶(ふせちょう)、八藤(やつふじ)を生み、さらには後世、撫子の丸、菊の丸、竜胆の丸、松の丸など、丸紋形式の有職模様を生み出した。唐草は、いうまでもなく大陸の模様であるが、この種のものには、轡(くつわ)唐草、松唐草、藤唐草など、日本的なモチーフを添えたものが加わった。また、S字状に展開する唐草軸が2本1組となって立涌文の形式が生まれ、マツ、フジ、タケ、キク、リンドウ、波などを添えて、和様の立涌文が成立した。

 有職模様は厳格にいえば、各時代によって、多少形式の変化が認められるが、基本的な形式は、後世まで長く持続され、あまり激しい変改はなかったようである。なお近世以後、御所車(ごしょぐるま)、御簾(みす)、あるいは古典的な草花文など、御所風の模様を総称して有職模様とよぶこともある。

村元雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有職模様」の用語解説はコトバンクが提供しています。

有職模様の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation