@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

有鉤嚢虫症

内科学 第10版

有鉤嚢虫症(条虫症)
(1)有鉤囊虫症(cysticercosis)
病因・感染経路
 囊虫を摂取して感染する有鉤条虫症とは異なり,虫卵を経口摂取することで感染する.このほか,前述の自家感染が原因となる.いずれの場合にも六鉤幼虫が孵化し,小腸壁から侵入して全身に播種して囊虫を形成する.
臨床症状
 基本的には無症状に経過するが,特に中枢神経や脊髄,眼球などに寄生した場合には,寄生部位に従った神経巣症状を引き起こすほか,数年の経過で間欠的に局所での炎症反応を繰り返し,一過性の神経巣症状を呈することもある.アジアの途上国などでは,小児の症候性てんかんのおもな原因疾患ともいわれている.
診断
 囊虫寄生では糞便中に虫卵は証明できず,血清診断のほか画像所見も重要となる(図4-18-3).特に脳病変では,石灰化を伴う腫瘤性病変の際に本疾患が鑑別にあがるが,脳腫瘍との鑑別は困難である.一方,摘出組織では乾酪壊死を伴わない類上皮肉芽腫を呈し,組織からの遺伝子学的検査により診断を行うのが確実である.好酸球増加もみられるので診断の参考になる.
治療
 一般には有効な治療法はない.アルベンダゾールと副腎皮質ステロイド剤の併用が試みられるが,治癒は困難である.脳病変などで,一過性の炎症性変化を呈した場合には,抗浮腫剤の投与が行われることもある.[前田卓哉]

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

有鉤嚢虫症」の用語解説はコトバンクが提供しています。

有鉤嚢虫症の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation