@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

有鉤条虫【ゆうこうじょうちゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

有鉤条虫
ゆうこうじょうちゅう
Taenia solium
扁形動物門条虫綱円葉目条虫科。カギサナダともいう。体長2~3m,片節数 800~900。頭節は球形で,4個の半球形吸盤環状に並んだ 26~28個のをもつ。成虫小腸寄生して有鉤条虫症を起す。症状は腹痛,下痢,飢餓吐き気,嘔吐などである。幼虫が皮下,筋肉,眼球,脳,心臓,肝臓,肺などに寄生した場合は嚢虫症と呼び,失明けいれん皮下結節などの重大な障害が起ることがある。中間宿主ブタで,予防は豚肉を生食しないことである。駆虫剤はメンマエキス,カマラなどが用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゆうこう‐じょうちゅう〔イウコウデウチユウ〕【有×鉤条虫】
条虫の一種。体長約3メートル。体はひも状で片節の数は約900個あり、頭部前端大小の鉤(かぎ)状の突起が環状に並ぶ。人間を終結宿主とし、腸内に寄生。中間宿主である豚肉を生食すると感染する。かぎさなだ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

有鉤条虫
 [Taenia solium].円葉類に属する条虫でヒトの寄生虫.中間宿主はブタ.感染しているブタの肉を十分加熱しないで食べると,ときに重篤な感染症を示すので,ブタの取扱いで注意が必要とされるが,わが国のブタではみられないとされている.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

有鉤条虫
ゆうこうじょうちゅう
pork tapeworm
[学]Taenia solium
扁形(へんけい)動物門条虫綱円葉目テニア科に属する寄生虫。体長2~3メートル、体幅5~6ミリメートル、片節数800~900個。頭節には4個の吸盤と22~32個の小さな鉤(かぎ)が環状に並んでおり、俗にカギサナダともよばれる。老熟片節の構造は無鉤条虫に似るが、子宮の分枝が少なく7~10対という点で異なる。
 成虫はヒトを固有宿主とし、その小腸に寄生する。腸内で片節が切れ糞便(ふんべん)とともに排出されると、片節が壊れて卵が遊離する。この卵が中間宿主のブタに食べられると、その小腸で孵化(ふか)し、幼虫は腸壁に侵入し血流あるいはリンパ流にのって全身の筋肉や臓器に到達し嚢虫(のうちゅう)を形成する。これを有鉤嚢虫といい、乳白色大豆大で、袋の中には吸盤と小鉤を備えた頭節ができる。ヒトが有鉤嚢虫の寄生したブタ肉をよく加熱せずに食べると、小腸内で頭節が遊出し、吸盤と鉤で腸粘膜に固着して成長し、約3か月で成虫になる。一方、ヒトが卵を飲み込むと、小腸内で孵化した幼虫はブタの場合と同様に全身に運ばれ嚢虫を形成する。また、ヒトの腸内に成虫が寄生していると、片節が壊れて遊離した卵が小腸内で孵化し、幼虫が上記のように全身に運ばれることがある。
 このように有鉤条虫ではヒトが固有宿主にもなり、また中間宿主にもなる。腸内に成虫が寄生してもほとんど無症状のことが多い。恐ろしいのは嚢虫寄生の場合で、皮下や筋肉に寄生するとアズキないしダイズ大の袋をつくり、脳、脊髄(せきずい)などに寄生するとてんかん様発作、けいれん、麻痺(まひ)などの重い症状をおこす。有鉤嚢虫症には的確な治療法がない。この条虫は中国、朝鮮半島、ロシア、東ヨーロッパ、インド、タイ、南アフリカ、中央・南アメリカに分布する。流行地ではブタ肉の生食を避けること、また人糞をブタに与えないことを心がける。[町田昌昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

有鉤条虫 (ユウコウジョウチュウ)
学名:Taenia solium
動物。テニア科の寄生虫

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆうこう‐じょうちゅう イウコウデウチュウ【有鉤条虫】
〘名〙 ジョウチュウ科の、人体の小腸に寄生する大形の扁形動物。体はひも状で、全長一~三メートルぐらい。頭部は球形で、その先端に環状に並ぶ約三〇個の鉤(かぎ)のほか四個の吸盤をそなえる。中間宿主はブタやイノシシで、その肉を生で食べると人体に感染する。頭部に鉤のない無鉤条虫に対していう。かぎさなだ。かぎさなだむし。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有鉤条虫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

有鉤条虫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation