@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

朋党【ホウトウ】

デジタル大辞泉

ほう‐とう〔‐タウ〕【×朋党】
主義や利害を共通にする仲間。徒党。
中国で、宮廷内の官僚が結んだ政治的党派。代、王安石らの新法党司馬光らの旧法党、代の東林党などがその典型的な例。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうとう【朋党 péng dǎng】
中国で官僚が私的に結合することをいう。君主制の下では官僚の党は君主権の貫徹をはばむものとしてぜられたが,王朝末期には朋党の争いが激化し,党争のうちに王朝が滅亡するということがしばしば起こった。後には,宦官専横に反対する清流党が,太学生らの広範な世論を背景に政府を攻撃し,李膺(110‐169)ら党人が逮捕され,禁錮せられた。その後,党人の多数が虐殺されている。これを〈党錮〉という(党錮の禁)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

朋党
ほうとう

主義・利害を同じくするものが一つに結び合って他のものを排斥する政治団体をいう。旧中国において官僚はひとりひとりが天子に隷属すべきものとされ、官僚が横に結合して党派をつくるときは朋党として処罰された。朝廷で党争の激しいとき、互いに相手を朋党と称して罪に陥れることがあった。宋(そう)の仁宗(じんそう)(在位1022~63)のとき、党争の風潮がしだいに強くなり、党派に対する議論が激しくなったおり、欧陽修(おうようしゅう)は『朋党論』を著し、小人の党は永続せず、君子の結合だけが永続できると論じた。清(しん)の雍正(ようせい)帝(在位1722~35)は『御製朋党論』をつくり、官僚はいかなる理由があっても党派をたてるべきではなく、党派はすべて小人の所業だと論じ欧陽修の議論を排撃した。

[宮崎市定]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう‐とう ‥タウ【朋党】
〘名〙
① 主義、利害などを同じくする人々の団体。徒党。
※太平記(14C後)二四「暗証之朋党(ホウタウ)人間
※虚実(1968‐69)〈中村光夫〉パリ「随員たちもそれぞれ朋党をむすび」 〔管子‐法禁〕
② 中国で、官僚が政治的に結び、互いに抗争した団体。〔資治通鑑‐唐紀・文宗・大和八年一一月〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

朋党
ほうとう
中国における官僚の派閥
中国歴代王朝では朋党の政争(党争)が多く起こった。唐代には科挙出身の官僚牛僧孺 (ぎゆうそうじゆ) ・李宗閔 (りそうびん) 一派と門閥貴族の李吉甫 (りきつほ) ・李徳裕 (りとくゆう) 父子の「牛李の争い」が40年も続いた。宋代には有名な新法党と旧法党との争いがあり,明代にも東林 (とうりん) 派と非東林派の争いが行われ,政治を乱した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

朋党
ほうとう
党争」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朋党」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朋党の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation