@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

朋誠堂喜三二【ホウセイドウキサンジ】

デジタル大辞泉

ほうせいどう‐きさんじ〔ホウセイダウ‐〕【朋誠堂喜三二】
[1735~1813]江戸後期戯作者狂歌師本名平沢常富通称、平格。狂名手柄岡持(てがらのおかもち)。秋田藩主佐竹氏の江戸留守居役。恋川春町とともに黄表紙作風確立。黄表紙「文武二道万石通」、洒落本当世風俗通」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

朋誠堂喜三二 ほうせいどう-きさんじ
1735-1813 江戸時代中期-後期の戯作(げさく)者。
享保(きょうほう)20年閏(うるう)3月21日生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)江戸藩邸の留守居役。代表的な黄表紙作者のひとりで「親敵討腹鞁(おやのかたきうてやはらつづみ)」などの作品をのこす。天明8年幕政を風刺した「文武二道万石通」で主家のとがめをうけ戯作からはなれた。文化10年5月20日死去。79歳。は平沢。名は常富。通称は平格。狂名は浅黄裏成,手柄岡持。俳号は月成。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ほうせいどうきさんじ【朋誠堂喜三二】
1735‐1813(享保20‐文化10)
江戸後期の戯作者。本名は平沢常富(つねまさ),通称は平格(角),俳号は月成,狂名は手柄岡持(てがらのおかもち)。江戸に生まれ,14歳のとき秋田藩士平沢氏の養子となる。1781年(天明1)から秋田藩の御留守居役を務めるかたわら,戯作にも手を染めており,親友の恋川春町とともに,安永・天明期(1772‐89)の黄表紙界を代表する作家となる。《親敵討腹鞁(おやのかたきうてやはらつづみ)》(1777)など数編を春町の絵を得て発表,天明期に入って《見徳一炊夢(みるがとくいつすいのゆめ)》(1781)でその才覚をあらわし,以後次々に佳作を刊行,草双紙をおとなの読物にたえる知的滑稽の書に高める功績があったが,《文武二道万石通》(1788)で田沼一味の消息をうがち,そのため幕府のとがめを恐れた主家より止筆を命ぜられたと伝えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうせいどうきさんじ【朋誠堂喜三二】
1735~1813 江戸後期の戯作者。本名、平沢常富つねまさ。別号、手柄岡持てがらのおかもちなど。秋田佐竹藩士。恋川春町とともに黄表紙の草分け的作者。狂歌・狂詩にも優れる。著「文武二道万石通」「見徳一炊夢みるがとくいつすいのゆめ」「桃太郎後日噺」ほか。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

朋誠堂喜三二
ほうせいどうきさんじ
(1735―1813)
江戸後期の戯作(げさく)者。本名平沢常富(つねまさ)、通称平格(へいかく)、平荷(へいか)、俳号月成(つきなり)、狂歌に手柄岡持(てがらのおかもち)を用いる。寄合衆佐藤豊信(とよのぶ)の家士西村久義(ひさよし)の3子で、秋田藩江戸邸平沢氏に養子入り。俳諧(はいかい)を馬場存義(ぞんぎ)、佐藤朝四(ちょうし)に、漢学を関思恭に学ぶ。近習(きんじゅう)役から留守居役に昇進、役職がら遊里戯場で政界の社交を身につけ、若き日宝暦(ほうれき)の色男と称した。1777年(安永6)『親敵打腹鞁(おやのかたきうてやはらつづみ)』などで文壇登場、恋川春町(こいかわはるまち)とともに黄表紙文芸を大成した。豊かな言語遊戯と洒脱(しゃだつ)な風俗描写で40に及ぶ戯作を書き、いわゆる天明(てんめい)ぶり文学を盛り上げる。1788年(天明8)の風刺物『文武二道万石通(ぶんぶにどうまんごくとおし)』で弾圧を受け、以降は狂歌、狂文、狂詩に遊ぶ。家集に『我(われ)おもしろ』(蜀山人(しょくさんじん)序)がある。文化10年5月20日、79歳没。墓は深川浄心寺一乗院にある。[井上隆明]
『浜田義一郎・鈴木勝忠・水野稔校注『日本古典文学全集46 黄表紙・川柳・狂歌』(1971・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

朋誠堂喜三二 (ほうせいどうきさんじ)
生年月日:1735年3月21日
江戸時代中期;後期の黄表紙・洒落本・狂歌師
1813年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほうせいどう‐きさんじ ホウセイダウ‥【朋誠堂喜三二】
江戸後期の戯作者。狂歌師。江戸の人。本名平沢常富(つねまさ)、通称平格。秋田佐竹藩士。狂名は手柄岡持(てがらのおかもち)。親友恋川春町とともに、黄表紙の作風を確立した。寛政の改革の時、君侯の命で筆を絶つ。著「見徳一炊夢」「文武二道万石通」など。享保二〇~文化一〇年(一七三五‐一八一三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

朋誠堂喜三二
ほうせいどうきさんじ
手柄岡持」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朋誠堂喜三二」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朋誠堂喜三二の関連情報

関連キーワード

ペグマタイトグリム(兄弟)雍正帝古月軒ケイズルケイズル河原崎座乾隆帝雍正帝ダニーロ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation