@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【さく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


さく
new moon
太陽ととの黄経が等しくなるとき。このときの月を新月といい,月齢計算の起点とする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さく【×朔】
太陽との黄経が等しくなる時。月は太陽と同じ方向にあり、地球に暗い半面を向けるので、見えない。新月。→望(ぼう)
太陰暦で、月の第1日。ついたち。
昔、中国で、天子歳末諸侯に与えた翌年政令

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さく【朔】[漢字項目]
人名用漢字] [音]サク(呉)(漢) [訓]ついたち
ついたち。「朔日告朔
北の方角。「朔風朔北
暦。「正朔
[名のり]きた・はじめ・もと

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さく【朔】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

さく【朔】
〘名〙
① 陰暦で、月の第一日。朔日(さくじつ)。ついたち。
※令義解(718)獄「其大祀及斎日。朔。望。晦。上下弦。廿四気。仮日。並不決死刑」 〔後漢書‐律歴志下〕
② 四季の最初の日。四孟(孟春・孟夏・孟秋・孟冬)。四孟の朔日。
※令義解(718)衣服「朔節日則服之。〈謂。朔日者。四孟朔日也〉」
③ 告朔(こうさく・こくさく)のこと。令制で、毎月一日に天皇が大極殿で、諸司の奏する前月の行事や百官の出勤日数などをご覧になった儀式。
※延喜式(927)一一「凡天皇、孟月臨軒視朔、大臣預点殿上侍従四人奉事者二人、所司各供其事
④ 太陽と月の黄経が等しくなる現象、およびその時刻をいう。朔をすぎて、夕方西空に初めて見える細い月を新月という。〔遠西観象図説(1823)〕
⑤ 古代、中国で、天子が、歳末に翌年一二か月の暦および政令を諸侯に頒布したこと。また、その暦および政令をいう。〔周礼‐春官・大史〕
⑥ 北。北方。朔北。〔書経‐堯典〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


さく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朔の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation