@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

望遠鏡【ぼうえんきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

望遠鏡
ぼうえんきょう
telescope
遠方にある物体を拡大して見るための光学器械。原理的には対物レンズ接眼レンズとからなり,対物レンズでつくられた遠方の物体の実を接眼レンズで拡大された虚像として見るようになっている。星や太陽を観察するための天体望遠鏡には主光学系にレンズを使った屈折望遠鏡と,対物レンズの代わりに凹面反射鏡を使った反射望遠鏡があり,大型のものはほとんど後者である。また特殊なものとして天体から放射される電波をとらえる電波望遠鏡,大気圏外からの観測を前提とした紫外線望遠鏡(→紫外線天文学)や X線望遠鏡(→X線天文学)などもある。
光学望遠鏡は 17世紀初めのヨーロッパで発明された。ガリレオ・ガリレイは 1本の管中の前方の対物レンズに凸レンズを,後方の接眼レンズに凹レンズを使ったいわゆるガリレイ式望遠鏡をつくり,月面や木星の衛星を観測した。ついで 1611年,ドイツの天文学者ヨハネス・ケプラーがガリレイ式望遠鏡の改良型であるケプラー式望遠鏡を考案した。ケプラー式望遠鏡は,接眼レンズにも凸レンズを採用したもので視野を広く,また倒立実像ではあるが拡大率も高くできるという特色をもっていた。この型は構造的に完成されたもので屈折望遠鏡の基礎となり,その後の発展においても大きな改変はなされなかった。19世紀末までには屈折望遠鏡の大きさの限界といわれた口径 40インチ(約 102cm)のものがシカゴ大学ヤーキズ天文台に建造された。反射望遠鏡は,光が鏡によって集められて焦点を結ぶものであり,イギリスの天文学者ウィリアム・ハーシェルがこの型の望遠鏡を使用して 1781年に天王星を発見したあと,広く使われるようになり,20世紀における有力な天文観測機器となった。世界の大反射望遠鏡には,ロシアの北カフカスにあるゼレンチュクスカヤ天文台の口径 236インチ(約 6m)のものや,アメリカ合衆国のカリフォルニアにあるパロマ山の口径 200インチ(約 5m)のヘール望遠鏡(→ヘール天文台)などがある。
もう一つの光学望遠鏡である反射屈折望遠鏡はシュミット望遠鏡(→シュミットカメラ)と呼ばれ,補正レンズと反射鏡を組合せたものでドイツのベルンハルト・V.シュミットにより 1930年に発明された。シュミット望遠鏡は球面収差を補正するための四次曲面レンズが球面状の反射鏡の前に配置され,広い視野と高解像力を得られるばかりでなく明るさも上げることができ,天文観測に理想的な機器となっている。
地球の大気は可視光線だけでなく,恒星,銀河,クエーサーを含めた多くの天体からの 1mmからおよそ 10mにまでわたる波長の電波も透過する。これらの電波を利用して天体を研究するための装置が電波望遠鏡である。宇宙からの電波は非常に微弱なのでこれらの電波をとらえるのには巨大なパラボラアンテナなどの特殊な装置が必要とされるが,その最大の単体装置としてはプエルトリコのアレシボ天文台にある直径 304mの固定球面電波反射鏡がある。
このほか可視光線よりもいくらか長い波長の電磁波を観測する赤外線望遠鏡や地上では観測できない紫外線X線γ線をとらえるための紫外線望遠鏡や X線望遠鏡などが開発され,地球を回る軌道衛星に搭載されている。紫外線望遠鏡の構造は反射望遠鏡と似ているが,光学面に高い反射性を付与するための特殊な被覆加工(コーティング)を必要とする。1990年4月,アメリカがスペースシャトルを使って地球軌道に打ち出したハッブル宇宙望遠鏡はこの紫外線望遠鏡である。中性子星超新星の残存物,銀河集団やその他の高エネルギー天体系を観測するための X線望遠鏡は,伝統的な光学望遠鏡とは根本的に設計が異なる。X線は非常に高いエネルギーをもつので,X線光子をレンズで集束させることはできず,通常の反射望遠鏡で観測しようとしても鏡を透過してしまう。X線望遠鏡は,焦点面上にきわめて低い角度,通常は 4°以下の浅い接触入射角で入ってくる光子を反射するために高度に研磨された円鏡を装備しており,形成される像は電子的な検出器で記録される。実用化された X線望遠鏡には,アインシュタイン衛星またはアインシュタイン天文台と呼ばれる HEAO-2(高エネルギー天体観測衛星 High Energy Astronomy Observatory。→X線観測衛星)がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼうえん‐きょう〔バウヱンキヤウ〕【望遠鏡】
遠くにある物体を拡大して見るため、レンズ反射鏡を組み合わせて筒にはめこんだ光学器械。屈折望遠鏡反射望遠鏡などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼうえんきょう【望遠鏡 telescope】
対物レンズと接眼レンズ,あるいは凹面鏡(対物鏡という)と接眼鏡の組合せによって遠方の物体を光学的に近づけ,拡大して観察するための装置。取り扱う電磁波の波長領域の拡大とともにX線望遠鏡,電波望遠鏡なども開発されたが,単に望遠鏡という場合は可視光の領域を対象とする光学望遠鏡を指す。 歴史的には17世紀初頭,オランダのミデルブルフにイタリアから技術導入されたガラス工場があり,クリスタルガラスが生産され,レンズ研磨から眼鏡の生産まで行われていたが,レンズ研磨師のリッペルスハイHans Lippershey(?‐1619)が1608年に望遠鏡の特許を申請したことが記録に残っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぼうえんきょう【望遠鏡】
遠方の物体を拡大して見る光学装置。凸レンズの対物レンズまたは、凹面鏡の対物鏡で得た像を接眼レンズで拡大して見るもの。対物レンズを用いるものを屈折望遠鏡、対物鏡を用いる物を反射望遠鏡という。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

望遠鏡
ぼうえんきょう
telescope
光学系の組合せにより、遠方の物体を拡大して眺める器械。レンズの光学的記述は11世紀のイブン・アル・ハイサムの著作にみられ、13世紀にはR・ベーコンが光学的利用を唱え、眼鏡がつくられ始めた。当初、レンズの材料は水晶か透明な緑柱石であったが、やがてガラスが使われるようになった。17世紀初めオランダで良質のレンズが生産され、眼鏡師のリッペルスハイHans Lippershey(1570―1619)が、1608年に望遠鏡を発明したとされる。これを聞いたイタリアのガリレイは、光学理論によってただちに倍率3倍の望遠鏡を製作し、さらに高性能のものに改良して、1609年に月面や天の川、そして惑星などに望遠鏡を向け、月面や木星の四大衛星(ガリレオ衛星)の忠実な記録を残し、これらの結果は10年に『星界からの報告』として刊行された。以降、天体観測に望遠鏡は不可欠の器械となり、ケプラー、ホイヘンス、ヘベリウス、ニュートン、W・ハーシェルら多くの研究者によって改良が重ねられた。天文学の発展が望遠鏡の発達と軌を一にしているといっても過言ではなく、今日では、口径6メートル鏡が実用に供されており、さらに大きな望遠鏡の建設が世界各国で計画されている。
 望遠鏡は天文観測器械として発達したが、その本来の機能から、その当初から軍事用の器械としても、航海用器械としても重要であったことはいうまでもない。
 望遠鏡の日本への渡来についての確かな記録は、江戸幕府によって編纂(へんさん)された外交資料集成の『通航一覧』第252巻にみられる。それによれば1613年(慶長18)に、イギリス軍艦クローブ号艦長セリスJohn Sarisが駿府(すんぷ)(静岡)で徳川家康に会見した際の献上品に、鉄砲などとともに「長一間之靉靆(あいたい)」があり、「六里見え」とある。靉靆とはめがねのことであり、それが長さ1間(1.8メートル)で、6里(約24キロメートル)離れたものがみえる、とあり、望遠鏡であることが知られる。以後も長崎のオランダ商館を通したりして望遠鏡は輸入されたが、それらを手本に日本でも望遠鏡を製作するようになった。
 名を知られた望遠鏡製作者に岩崎家があり、その祖、善兵衛は「窺天鏡(きてんきょう)」と名づけた屈折望遠鏡を1793年(寛政5)に製作、この家は明治までその製造を続けた。また鉄砲鍛冶(かじ)の国友藤兵衛は天保(てんぽう)年間(1830~44)に反射望遠鏡を自作し、太陽黒点を観測した。望遠鏡は遠目鏡(とおめがね)、星眼鏡ともよばれた。[石田五郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼうえん‐きょう バウヱンキャウ【望遠鏡】
〘名〙 遠くの物体を拡大して見るための光学器械。円筒の一端に装置した対物レンズで遠くの物体の実像を作り、それを接眼レンズで拡大してその虚像を見る。対物レンズに凸レンズを用いたものを屈折望遠鏡、反射鏡を用いたものを反射望遠鏡という。とおめがね。千里鏡。
※管蠡秘言(1777)「時に望遠鏡を候ふ者、遙かに土地の形容の彷彿たる者を見得たりと告ぐ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

望遠鏡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

望遠鏡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation