@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

朝山日乗【ちょうざんにちじょう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

朝山日乗(ちょうざんにちじょう)
ちょうざんにちじょう
(?―1577)
戦国時代の日蓮(にちれん)宗の僧。出雲(いずも)朝山(あさやま)郷出身。織田信長の奉行人(ぶぎょうにん)。出家して日乗上人朝山(しょうにんちょうざん)。宮廷、幕府、近衛(このえ)家に出入りし、1568年(永禄11)9月に信長が上洛(じょうらく)すると、登用され、翌1569年将軍足利義昭(あしかがよしあき)との間に結ばれた和約の条書の証人の一人になった。1570年(元亀1)から村井貞勝(むらいさだかつ)(?―1582)とともに皇居修理の奉行。1572年信長は毛利氏に説き、豊後(ぶんご)(大分県)の大友宗麟(おおともそうりん)を上洛させようとする。そのとき日乗は武井夕庵(たけいせきあん)(生没年不詳)とともに副状(そえじょう)を発給した。キリシタンを排斥しようとし、1569年4月には、宣教師ルイス・フロイスと信長の面前で宗論して敗れた。宣教師の保護者和田惟政(わだこれまさ)(1530―1571)を構陥したため失脚。晩年は浄土宗に帰依したという。[奥野高広]
『三浦周行著『歴史と人物』(1916・東亜堂書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝山日乗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朝山日乗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation