@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

朝服【ちょうふく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

朝服
ちょうふく
有位の官吏朝廷に出仕するときの正服。平安時代にはこれが国風化して束帯となった。女房装束が女性の朝服であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょう‐ふく〔テウ‐〕【朝服】
有位の官人が朝廷に出仕するときに着用した衣服養老衣服令では、文官・女子・武官に分けて規定している。朝衣

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうふく【朝服】
朝廷の服制の一つ。中国の朝服の制度は後・明帝の永平2年(59)に創設された。天子以下文武百官の通常公服に相当し,官吏は参朝または執務時にはすべてこれを着用した。内容は多少の変更はあったが,その後の歴代王朝に受け継がれ,1911年清朝が倒れるまで続いた。中国ばかりでなく東アジアの諸王朝はほとんどこの制度を採り入れた。【杉本 正年】 日本では701年(大宝1)の大宝律令の衣服令で,礼服(らいふく),制服と並んで規定された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

朝服
ちょうふく

古代貴族階級の衣服の一種。朝廷における儀式や行事である公事(くじ)のほか、尋常(日常)の公務にも有位の者が着用した。朝服の上着には官位相当の色(当色(とうじき)といわれる)の区別があり、形式はイラン系唐風服装の影響が強い。朝服という名称の初見は『日本書紀』天武(てんむ)天皇14年(685)7月庚午(かのえうま)条であるが、その起源は推古(すいこ)天皇11年(603)に定められた冠位十二階の制に求められる。冠の種別により位階を示す冠位制は、その後幾度も改訂され、天武天皇11年(682)に冠は黒一色とし上着の色で区別する制度に切り替えられて、衣服形式も唐風が一部に導入され始めた。さらに持統(じとう)朝の改訂を経て、朝服は高松塚古墳壁画に描かれているような形式となった。そして、文武(もんむ)天皇の大宝(たいほう)元年(701)に成った大宝令(りょう)で、朝服に加えて礼服(らいふく)を定め、五位以上の者が儀式のときに着用するものとした。さらに、大宝令に若干手を入れた養老(ようろう)令によって衣服の制度もほぼ完成し、朝服の形式も整った。

 養老の衣服令では文官・武官・女子の朝服に分けて規定している。文官の朝服は頭巾(ときん)、衣(きぬ)、笏(しゃく)、白袴(しろばかま)、腰帯(ようたい)、白襪(しろしとうず)、烏皮履(くりかわのくつ)という構成である。頭巾は天武朝の漆紗冠(しっしゃかん)と同じ、後世の冠の前身で、五位以上の者は黒羅(くろら)、六位以下は黒縵(かとり)(平絹)でつくられたもの。衣は裾(すそ)に襴(らん)という部分を加えた上着で、当色が定められている。笏は五位以上は象牙(ぞうげ)、六位以下は木製を用いる。腰帯は黒革製で、鉸具(かこ)といわれるバックルで留め、その飾りは五位以上が金銀装、六位以下が烏油(くろづくり)とした。襪は靴下のことで白絹製、烏皮履は黒革製の沓(くつ)。

 武官の朝服は頭巾、位襖(いおう)、笏、白袴、腰帯、横刀(たち)、白襪、脛巾(はばき)、履という構成である。頭巾は、五位以上の者が黒羅製を、六位以下の者が黒縵製を用い、黒の緌(おいかけ)を顔の両側にかける。位襖は無襴衣で両脇(わき)を縫わずにあけた上着で、位によって色を異にしている。笏、白袴、腰帯は文官のものと同じ。横刀は平組(ひらぐみ)の紐(ひも)で帯びる太刀(たち)で、五位以上の者が金銀装、六位以下の者が烏装(くろづくり)。集会のときには、身分によって錦(にしき)の裲襠(りょうとう)を着け、赤脛巾を巻き、弓箭(ゆみや)を帯び、あるいは挂甲(けいこう)という鎧(よろい)を着け、槍(やり)を持つ。このときに、衛士(えじ)は位襖ではなく、桃染衫(あらぞめのさん)を着て白布帯、白脛巾を用い、草鞋(そうかい)を履き、横刀に弓箭または槍を持つ。

 女子の朝服は、五位以上の者が礼服の構成から宝髻(ほうけい)、褶(ひらみ)、舃(せきのくつ)を省く。すなわち衣、紕帯(そえのおび)、纈裙(ゆはたのも)は礼服と同じで、そのほか白襪、烏皮履としている。六位以下の者が義髻(ぎけい)、衣、紕帯、纈紕裙(ゆはたのそえのも)、白襪、烏皮履の構成である。衣は文官と同様、色が礼服と同じという意で、形は異なったと思われる。紕帯は縁どりをした帯で、纈裙は絞り染めのロングスカート。帯も裙も身分により配色が異なる。義髻はかもじのことで、纈紕裙は緑色と縹(はなだ)色の絞り染めの絹を細く裁ち、縦にはぎ合わせた裙。初位の者の裙には絞り染めをしない。女子の朝服は四孟(しもう)(1月、4月、7月、10月の朔日(ついたち))に着用とあり、通常は内廷奉仕の衣服として、朝服を略したものを使用したであろう。衣服令では、頭巾以外に材質の規定はないが、すでに690年(持統天皇4)に直広肆(じきこうし)以上の高位の者に綾羅(りょうら)を用いることが許され、平安時代には、『延喜式(えんぎしき)』で五位以上が綾(あや)、六位以下が平絹としている。

 奈良時代の朝服の形式は、正倉院に伝えられた衣服によってある程度察することができる。平安時代、しだいに和様化が進み、10世紀ごろの朝服は、ややゆったりとした形になったことを当時の神像彫刻が示しており、このころから男子の朝服は束帯とよばれ、ことに女子の朝服は11世紀以降、形式が著しく変わり、裳(も)、唐衣(からぎぬ)または女房の装束とよばれるようになった。

[高田倭男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐ふく テウ‥【朝服】
〘名〙 朝廷に出仕するときに着る衣服。束帯の衣装。朝衣。
※続日本紀‐大宝二年(702)正月己巳「諸王臣已下着朝服」 〔論語‐郷党〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

朝服
ちょうふく
令(衣服令)で定められた朝廷の官人の通常服
男女文武官の別がある。文官は,頭布 (ときん) ・衣・笏 (しやく) ・袴 (はかま) ・腰帯・襪 (しとうず) (足袋一種)・履 (くつ) で,衣の色やの色,その結び目の数で位階の上下を示した。武官は衣のかわりに位 (いおう) (襖はすそのない衣)で,横刀 (たち) をつける。これが国風化して衣冠・束帯となった。無位の人の服は制服といい,衣は黄色。家人奴婢 (ぬひ) は橡墨衣と定められた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝服」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朝服の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation