@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

朝河貫一【あさかわかんいち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

朝河貫一
あさかわかんいち
[生]1873.12.22. 福島,二本松
[没]1948.8.14. バーモント
歴史学者。安積 (あさか) 中学校,次いで東京専門学校 (のちに早稲田大学) 文学科に学び,卒業1年後の 1896年アメリカ,ダートマス・カレッジの募集に応じて貸費留学生となり,タッカー総長邸に寄宿した。卒業後は,エール大学大学院に進み,ヨーロッパ中世史を専攻しつつ日本制度史の研究を行い,1902年『大化改新の研究』で博士号を得,同大学で東亜史を講じた。日露戦争当時は,学内学外で日本の偏向を憂えるとともに日本の立場を弁明するなど,当時の日本に対する欧米人の関心を高めた。 05年より2年間,日本に留学を命じられ,早稲田大学,東京大学,外務省で研究を重ね,帰米してエール大学講師となる。 10年助教授に進み,日本外交史,東洋近代史を担当,17年再度日本に留学,東京大学史料編纂所や,関西の古寺,鹿児島の入来院 (いりきいん) 家の古文書を調査し,23年欧州中世史も担当,29年名著『入来文書』を刊行し翌年,准教授に昇進した。本書は,比較法制史の方法による英文の日本封建制度の発達史で,薩摩入来院家の古文書の復刻を添えてある。 41年日米国交断絶後も迫害を受けることなく,43年定年退職後は,在職 36年の功により名誉教授の称号を与えられた。晩年は,エール大学で日本の荘園制度の研究に没頭し,第2次世界大戦後避暑地で逝去したが,遺著『荘園研究』は東京で 65年に刊行された。彼の研究は,ひとり欧米学界のみならず日本の学界にも大きな影響を与えた。母校の現安積高等学校にはいまも彼の学業に対する人並みはずれた熱意と努力を語る「朝河桜」がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

朝河貫一
1873年、現二本松市出身。東京専門学校(現在の早稲田大)を首席で卒業し、米した。エール大大学院などで学び、同大で日本人初の教授に。「日本の禍久では、日露戦争後の日本の強権的なアジア外交に警鐘を鳴らし、第2次大戦中には日米開戦を阻止するため大統領書簡を天皇に送ろうと奔走するなど、一貫して平和や協調外交を訴えた。1948年に死去。朝河が学んだ安積高校には、英和辞書を暗記する度にそのページを食べ、残った表紙を木の根元に埋めたという逸話の残る「朝河桜」がある。
(2014-08-13 朝日新聞 朝刊 福島中会 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

あさかわ‐かんいち〔あさかはクワンイチ〕【朝河貫一】
[1873~1948]歴史学者。福島の生まれ。東京専門学校卒。イェール大学教授。日本とヨーロッパを比較した封建制度史の研究で業績をあげた。著作「入来文書(The Documents of Iriki)」は世界的に有名。他に「日露衝突」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

朝河貫一 あさかわ-かんいち
1873-1948 明治-昭和時代の歴史学者。
明治6年12月22日生まれ。東京専門学校(現早大)卒業後,アメリカのエール大大学院にまなび,昭和12年同大教授。日露戦争の原因を説明した「日露衝突」,日本の封建制度をはじめて紹介した「The Documents of Iriki(入来文書)」などを発表。昭和23年8月11日アメリカで死去。76歳。福島県出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あさかわかんいち【朝河貫一】
1873‐1948(明治6‐昭和23)
日欧封建制研究に卓越した業績を残した歴史学者。イェール大学名誉教授。福島県二本松に生まれ,安積中学に学び,のち東京専門学校(現在の早稲田大学)を卒業。1896年渡米,ダートマス大学に留学。のちイェール大学大学院に学び,《大化改新》(英文)で同校より学位を授与された。その後,同大学で日本史,ヨーロッパ中世史を講義し,76歳でワーズボロに没した。およそ50年におよぶ滞米中の学術研鑽において朝河の名を不朽にしたのは,比較法制史の分野に大きな貢献をなした《The Documents of Iriki》(入来文書)の翻訳,研究であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

朝河貫一
あさかわかんいち
(1873―1948)

近代の歴史学者。福島県生まれ。幼年より英語に秀で、東京専門学校(現早稲田(わせだ)大学)文学科を卒業。ダートマス大学、エール大学大学院に学び「大化改新」の研究で哲学博士の学位を得、エール大学教授、同付属図書館日華資料部長、同名誉教授となる。『日露衝突』『日本の禍機(かき)』など国際的視野にたった独自の日本論と、『日本初期の社会制度』『島津忠久(ただひさ)の生ひ立ち―低等批評の一例』『荘園(しょうえん)の研究』(遺稿集)など東西比較封建制度研究の業績がある。また1917年(大正6)7月から1919年10月まで日本封建時代研究のため帝大史料編纂(へんさん)所へ留学、その際鹿児島県薩摩(さつま)郡入来(いりき)村(現、薩摩川内(さつませんだい)市入来町)で収集した史料とその研究を『THE DOCUMENTS OF IRIKI』(入来文書)として1929年に刊行した。この本は、封建制時代の史料集の英訳と英文の荘園研究書として著名で、最近邦訳された。

[三木 靖]

『阿部善雄著『最後の日本人――朝河貫一の生涯』(1983・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あさかわ‐かんいち【朝河貫一】
歴史学者。哲学博士。福島県出身。イェール大学教授、のち名誉教授。比較法制史の立場から各国封建制度の研究をした。主著に「入来文書(いりきもんじょ)」。明治六~昭和二三年(一八七三‐一九四八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝河貫一」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朝河貫一の関連情報

関連キーワード

日本郵便制度史(年表)大不況サッカー(フットボール)鉄筋コンクリート構造月曜物語地租改正レーピンローン神祇志料バン=リード

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation