@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

朝護孫子寺【ちょうごそんしじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

朝護孫子寺
ちょうごそんしじ
奈良県平群町にある信貴山真言宗総本山本尊毘沙門天信貴山寺信貴の毘沙門天とも呼ばれる。伝承によると,聖徳太子物部氏討伐の際,毘沙門天が現れたことから建てられたとされている。鳥羽僧正覚猷の作と伝えられる平安末期の紙本著色『信貴山縁起絵巻』 (3巻) が国宝に指定されているほか,延長7 (937) 年のがある金銅鉢 (1口) などの重要文化財を伝える。朝護孫子霊宝館があり,寺宝を展示している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょうごそんし‐じ〔テウゴソンシ‐〕【朝護孫子寺】
奈良県生駒郡平群(へぐり)町にある信貴山(しぎさん)真言宗の総本山。山号は信貴山、院号歓喜院聖徳太子創建と伝え、延喜年間(901~923)命蓮再興。「信貴山縁起絵巻」をはじめ多数の文化財所蔵。信貴山寺毘沙門堂。信貴山。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

朝護孫子(ちょうごそんし)寺
奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう)の信貴山中腹にある寺院。信貴山真言宗総本山。本尊は毘沙門天。国宝「信貴山縁起絵巻」を所蔵。聖徳太子が物部氏との戦いの際に戦勝を祈願した地と伝わる。境内には寺の守護神であるトラが多数見られる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうごそんしじ【朝護孫子寺】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ちょうごそんし‐じ テウゴソンシ‥【朝護孫子寺】
奈良県生駒郡平群(へぐり)町にある信貴山真言宗の総本山。山号は信貴山。聖徳太子の建立と伝えられる。寛平年間(八八九‐八九八)命蓮が毘沙門天像を安置して霊験を現わした。天正五年(一五七七)織田信長の兵火によって焼失したが、慶長七年(一六〇二)豊臣秀頼が諸堂を再建した。所蔵する信貴山縁起(伝鳥羽僧正筆)は国宝。信貴山寺。信貴山の毘沙門さん。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

朝護孫子寺
ちょうごそんしじ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝護孫子寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朝護孫子寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation