@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

朝鮮休戦会談【ちょうせんきゅうせんかいだん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

朝鮮休戦会談
ちょうせんきゅうせんかいだん
1951年7月から2年にわたり断続的に行われた朝鮮戦争休戦に関する国連軍代表と中国,北朝鮮両軍代表の会談。同年6月 23日のソ連の Y.A.マリク国連代表の提案がきっかけで,同年7月 10日から北緯 38度線近くの開城交渉が行われ,同年 10月から板門店で話合われた。その結果,52年3月までに軍事境界線,休戦後の政治会議などで合意ができたが,捕虜交換問題で行きづまり,同年 10月交渉は中断された。 53年4月から板門店で交渉が再開され,同年6月捕虜交換付属協定が成立し,7月 27日に休戦協定が調印された。国連軍側は約7万 7000人,共産軍側は約1万 2700人の捕虜を釈放した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝鮮休戦会談」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朝鮮休戦会談の関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎市川崑木下恵介久松静児マキノ雅広ANZUS条約稲垣浩大庭秀雄社会福祉法

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation