@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

朝鮮鐘【ちょうせんしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

朝鮮鐘
ちょうせんしょう
朝鮮で新羅時代 (8世紀) 頃から鋳造された梵鐘広がりの円塔形で,胴部にふくらみがあり,上下帯にはさまれた空間に仏菩薩天人,飛などを浮き文様で鋳出している。笠部に竜頭に接して旗挿と呼ぶ円筒が取付けられている点に,和鐘と異なる最大の特色がある。新羅時代からの遺品があり,日本へも輸出されその模作も製された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょうせん‐しょう〔テウセン‐〕【朝鮮鐘】
朝鮮半島で新羅(しらぎ)時代から高麗(こうらい)時代に鋳造された銅製の梵(ぼんしょう)。竜頭(りゅうず)は単頭で挿(はたさ)しという円筒がつき、肩と口辺に唐草(からくさ)模様をめぐらす。飛天などが鋳出されている。日本に多くの遺品が伝わる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょうせん‐がね〔テウセン‐〕【朝鮮鐘】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうせんしょう【朝鮮鐘】
朝鮮半島で製作された一群の梵鐘で,他にまったく比類のない特殊な型式を備えている。まず,竜頭が単頭で,そのを半環状に曲げて懸吊(けんちよう)の役目を果たし,また,竜頭の背後に密着して〈旗挿し〉((よう))という円筒状のものが立つ。次に,和鐘のように,鐘身に大小長短の区画が施されず,その代りに鐘身の上端と下端とに,唐草文とか宝相華文(ほうそうげもん)が浮彫された装飾帯がめぐらされる。その上端帯の下縁には,乳郭が4ヵ所あり,凹字形をした各郭内に3段3列9個の乳を配列する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょうせんがね【朝鮮鐘】
もと朝鮮で鋳造された銅製の鐘。竜頭りゆうずに管があり、肩と口辺に唐草模様の帯をめぐらし、袈裟襷けさだすきがなく、飛天などの陽鋳を胴部に表したもの。朝鮮にはあまりなく、日本に多く伝わる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょうせん‐がね テウセン‥【朝鮮鐘】
〘名〙 朝鮮の鐘の一つ。新羅時代から高麗時代にかけて、朝鮮で鋳造された鐘。龍頭は単頭式で、胴部に若干のふくらみをもち、上帯・下帯の空間部分に天人像・仏像などの文様をもつ。日本では、宇佐八幡宮所蔵鐘が著名で、新羅時代の作といわれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝鮮鐘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朝鮮鐘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation