@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

期日指定定期預金【きじつしていていきよきん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

期日指定定期預金
きじつしていていきよきん
1981年6月に登場した1年複利の定期預金預金者が預け入れに際してあらかじめ希望する満期日を指定できる。 1993年6月より,定期性預金金利が自由化され,各金融機関が独自に利率を設定できるようになった。期日指定定期預金は最長3年 (据置期間1年) ,1年以上3年以内で満期を自由に指定できるうえ,1万円以上の部分解約も可能というところに特徴がある。そして利息は,3ヵ月をこえ6ヵ月未満のものには3ヵ月定期の,6ヵ月をこえ1年未満のものには6ヵ月定期の,1年をこえ2年未満のものには1年定期の利率によって,それぞれ計算される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きじつしていていきよきん【期日指定定期預金】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

期日指定定期預金」の用語解説はコトバンクが提供しています。

期日指定定期預金の関連情報

関連キーワード

ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータハメネイラジャイ北川透銀行法座散乱木遺跡灰谷健次郎布野修司松本幸四郎ングーギ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation